Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2009年6月28日 四間道にて
b0175964_2339542.jpg


b0175964_23391815.jpg


b0175964_23393374.jpg


b0175964_23435758.jpg


b0175964_23441166.jpg


名古屋の古い情緒を残す町、四間道に行ってきました。

四間道と書いて、「しけみち」と読みます。このあたりは名古屋でも難読地名の多い地域です。
「泥江町」と書いて「ひじえちょう」、「円頓寺」と書いて「えんどうじ」と読みます。

「四間道」とは、道幅を四間に広げた道という意味で、江戸時代に造られた防火道路です。
堀川に沿って蔵を並べて、反対側には町屋を設けて、流通と防災の両方に役立てるように造られた道だそうです。

4枚目と5枚目は、この四間道の路地にあるカフェ、"cafe de SaRa"です。四間道の撮影に疲れた身体を休めるのに最適のカフェでした。

なお、私のデジタル写真ブログ、"Black Face Sheep's Photolog"に、このカフェの内部の写真を掲載しています。

名古屋市西区那古野1丁目 四間道にて
Voigtlander Bessaflex
Carl Zeiss Jena Flektogon MC 2.4/35
Ilford XP2 Super 400
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2009-06-28 23:45 | Japanese Landscapes | Comments(12)
Commented by PTAN-YO at 2009-06-29 00:36
こんばんは。^^

古く趣のある土蔵にモノクロがとても良く似合っていて、どこか懐かしくて
味わい深い風景になっていますね。1枚目の土蔵と自転車の組み合わせ
がとても粋で、どきどきするくらい素敵です。(*^^*)

それと、カフェの窓から差す光と艶やかな床に写った光の透明感あるグ
ラデーションと、その光の中に溶け込んでいるような窓の格子とテーブル
が作る柔らかなシャドーがとても美しくて深みがあって、思わずしばし見
つめてしまいました。それに、煙草の煙がテーブルの周りを静かに漂って
いて、ゆったりとした素敵なカフェのひと時が素敵に描き出されていて、
見ているととてもゆったりとした気持ちになれました。(*^-^*)

四間道は前々から何度か名前を耳にしていてとても気になっていたんで
すが、こんなモノクロが良く似合う古く趣のある風景が残っているところだ
ったんですね。このカフェもとても素敵なところのようですし、ガラス館も
とても気になりますね。ここもぜひ今度SPにモノクロフィルムを詰めてこ
のカフェと一緒に訪ねてみたいです~。もしよろしければ、今度連れて行
って下さい。^^v
Commented at 2009-06-29 00:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kouko at 2009-06-29 06:29 x
おはようございます。
モノクロで撮った白壁がきれいですね^^
暖簾もですが、白い部分がとても美しいです。
デジタルのblogのほうも拝見しましたが、このカフェ、素敵すぎます!
でもこういうところへ入ると、絶対長居をしてしまいますね。
友人とでも行こうものなら、ここだけで休日が終わりますね、きっと!
Commented by breath517 at 2009-06-29 07:08
カラー版はいただく前のお写真。
モノクロはその後のお写真。。。
う~~~ん、そうゆう表現も面白くていいですね!
かすかに煙がたっているタバコってとても渋い(><)です!
Commented by いけみ at 2009-06-29 08:13 x
昔の蔵を使ったカフェは涼しげなイメージで、夏にはピッタリですねぇ。
それにしても、黒顔羊さんのこういったお写真はジャズの分からない私でさえ
なんとなくジャズが聞こえてきそうな雰囲気を感じることができます。
「煙が目にしみて」くらいでしょうか、ありっ?こてこてでしたか?
だって、マジわからないもーん(^_^;
夏になると強烈なインドア派のわたくしも、昨日は頑張って
隣町のイタリアンレストランにランチを頂きに行ってきました。
食事を終えて外に出ると、雨も上がり、綺麗な青空。
車にカメラを忘れてきたことに、後悔しました。
NATURAだけでもポケットに忍ばせておけば良かった(笑)

Commented by noblivion at 2009-06-29 15:25
ぴーたんさん、こんにちわ。^^
四間道、私も長年名古屋に住んでいながら初めて行ってきました。
すぐ隣の円頓寺や泥江町には何回も行っていたのに、気がつかなかったんでしょうね・・・。
絵になる場所は限られてますが、なかなか良い雰囲気の場所でした。^^v
そのうち、またいきましょう。^^
Commented by noblivion at 2009-06-29 15:25
鍵コメ06-29 00:57さん、もろもろ了解です。
のちほどご連絡しますね。^^
Commented by noblivion at 2009-06-29 15:28
koukoさん、こんにちわ。^^
モノクロで表現する白って、難しいですけど大好きですよ。^^
白壁と暖簾、お気に召して何よりです。^^v
このカフェ、実に居心地の良いカフェでしたねえ・・・立ち去りがたかったです。
地元のご老人なんかも来ていて、地元に密着している雰囲気もあり、良い雰囲気でした。^^
Commented by noblivion at 2009-06-29 15:30
517さん、こんにちわ。^^
はいはい、仰るとおりですよ~、デジタルはコーヒーを飲む前にとりあえずパチリ。
フィルムは美味しいコーヒーを堪能した後にパチリ・・・^^
ステキなカフェに来ると、写真を撮らないで出てくることはまずありません・・・
厨房方面もステキだったので、撮らせて欲しいと言ったんですが、やんわりと断られてしまいました。^^;
Commented by noblivion at 2009-06-29 15:34
いけみさん、こんにちわ。^^
このあたりは土蔵カフェ各種ありますね。それぞれにそれぞれの味わいがあり、目移りしてしまいます。
最近は、この手のカフェでもJAZZがBGMでかかっていることが多いですね。
昔のJAZZ喫茶みたいに、話をすると出て行け・・・なんていわれません。^^v
おお、イタリアンレストランに行ってこられましたか・・・。
私はレストラン・カフェは被写体と心得て出かけるんですよ。
なので、デジタル一眼は常時携帯、フィルムカメラまで持ち込むこともあります。^^;
Commented by cestlaviexxx at 2009-06-29 16:57
モノクロもとても素敵ですねぇ。^^
Cafe de Saraのオーナーの女性とても素敵でしたでしょ?^^
とてもしゃきっとした美人さんですよね~

雰囲気をとても大事にしていらっしゃるので
あまり撮影メインでいられるお店ではないですが。。。。w
ゆっくりお茶をいただくにはぴったりのお店だと思います^^
Commented by blackfacesheep at 2009-06-29 22:46
ラヴィちゃん、こんばんわ。^^
あの女性がオーナーなんですね、仰るとおり、てきぱきとした働き者の美人さんでした。^^v
四間道のノスタルジックな雰囲気にとってもよく合ったシックなインテリアのお店ですね。^^
カラーで撮ってもモノクロで撮っても、フォトグラファーがヘタレでも、綺麗に写ってくれました。^^v
<< 2009年6月29日 One ... 2009年6月27日 Jazz... >>