Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2009年10月3日 夏を失いつつある緑陰
b0175964_13582772.jpg


9月の下旬に撮った写真ですが、日差しも次第に真夏の輝きを失いつつあり、秋らしいしっとりとした陰を作り始めました。

イルフォード・パンF・プラス50、ISO50の低感度フィルムならではの広階調です。
シャドウをつぶさずに階調を滑らかに描写してくれ、さらにハイライトも飛ばさずにディテイルをしっかり出してくれる・・・ような気がします。^^;
モスクワ5型のインダスター105mmの柔らかい描写、このフィルムと相性が良いみたいです。

愛知県豊田市小坂本町8丁目 豊田市美術館にて
KMZ Moskva 5 
INDUSTAR-24 105mm/F3.5
Ilford PANF Plus 50
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2009-10-03 14:03 | Lights & Shadows | Comments(8)
Commented by asty-flower at 2009-10-03 20:12
こんばんは^^
ISO50なんていうフィルムがあるんですね~!?
びっくりです。とても光と影が秋らしいですよ~!!
9月の下旬っていっても暑かったような・・・(^-^;

明日のOFF、フィルムカメラの撮り方の伝授をお願いいたします。
チンプンカンプンですので・・・スキャナー、ノブさんと同じ機種を
購入しようと思っていたらすでに販売終了していました・・。
悲しい~~明日、お会いできるのを楽しみにしております~!
Commented by blackfacesheep at 2009-10-03 21:05
アスティさん、こんばんは。^^
ローライにはISO25っていうフィルムもありますよ~、超広階調らしいです、高いです。^^;
やはり秋分の日を境に、夏の日差しではなくなりつつあり、秋めいてきています。
フィルムカメラの撮り方、基本的にはデジタルと同じですよ。
露出、ネガだったらかなりアバウトでも写りますよぉ。^^v
Commented by PTAN-YO at 2009-10-03 21:09
こんばんは。^^

柔らかでとても優しい光と影の雰囲気ですね。夏だったらもっと色濃くて
ようやく日陰にたどり着いてぐったり何もする気になれなそうだけれど、こ
んな優しい木陰なら根元に腰をおろしてゆったり本を読んだり思うまま過
ごしたくなりますね。(*^^*)

それにしても、Ilford PANF Plus 50は、柔らかで優しくてどこか懐かし
い深みのあるシャドウのグラデーションがとっても素敵なフィルムですね。
私も買ったんですが、マミヤの低速シャッターに自信がなくていまだに冷
蔵庫に眠ったままなんです。でも、こんな優しい秋の日差しを撮るのにぴ
ったりならば、がんばって使ってみたいです。^^v

明日、良いお天気のようで良かったですね。またぞろぞろとたくさんのカ
メラを持って行こうと、張り切っています。お会いできるのをとても楽しみ
にしていますので、どうぞよろしくお願いしますね。^^v
Commented by daisiweblog at 2009-10-03 21:11
後ろの陽の当たっているところと木の陰になっているところの差がキレイですね。
かなりの輝度差があると思いますが、お書きのようにつぶれたり飛んだりしていないのが、良い感じ(^^)

ISO 50のネガって、今はコレだけでしたっけ?
高速シャッターのないカメラには便利ですね。
しかし同じような材料を使っているはずなのに、フィルムの銘柄によって描写が変わるのはフシギです。
Commented by blackfacesheep at 2009-10-03 21:23
ぴーたんさん、こんばんは。^^
秋の光と影、明らかに夏のそれとは違いますね、まっくろけにつぶれていかない優しさがあります。^^
ISO50、ISO100とは一段しか違わないので、それほどの低速シャッターにはなりませんよ。^^
晴天下で、F5.6で1/250が基準値、日影ならF4で1/125かな・・・
このショットはもう少し開けて撮りました。F3.5開放で1/60ぐらいだと思います。
Commented by blackfacesheep at 2009-10-03 21:26
daisiさん、こんばんは。^^
低感度フィルムって、シャドウ側のグラデーションが美しいものが多いですね。
このフィルムは、粒状はザラいですが、写りは柔らかくって大好きです。
ISO50のネガ、今はもうこれだけかな・・・
ISO25のモノクロネガなら、ローライにありますけど、高くてよう買いません。^^;
Commented by amselchen at 2009-10-04 01:25
色を失う、という言い方がありますが、色を失ったほうが写真にはやはりよいようです。ゆえに、夏を失う季節にはやはりモノクロが相応しい、ということでしょうね♪
Commented by noblivion at 2009-10-05 17:04
アムゼルさん、こんにちは。^^
モノクロームな季節・・・やっぱり秋から冬のイメージですね。
色を使わずに季節の移ろいを表現したいな~、って常々思ってます・・・
しかし、これは難しいですねえ。^^;
<< 2009年10月4日 彼岸花の小径 2009年10月2日 初秋のカ... >>