Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2009年10月24日 不審なほころび
b0175964_1928475.jpg


いつも車で通過する道にある古い住宅、下部の根太板が朽ち果てて、壁土も落ちてしまっており、すこぶる風通しの良い状態になっています。

これ、自然に腐ってできた穴なんでしょうか・・・それとも内部から鼠さんたちが齧ってこうなったんでしょうか・・・
しかも、右横には赤いカラーコーンが置いてあり、立ち入り禁止の風情を漂わせています。

う~ん、こういうものって、なぜかその生い立ちを考えさせられる「不審な存在」ですねえ。^^

愛知県豊田市宮口町にて
Pentax 645
SMC Pentax 6x7 165mm/F2.8 (with 6x7/645 Adapter)
Neopan 400 Presto
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2009-10-24 19:40 | Rusty Scene | Comments(22)
Commented by gon5on at 2009-10-24 20:38
昔の家によくある土壁ですね~
この土壁は冬は暖かく、夏は涼しかったらしいですね。
生い立ちって考えてしまいますよね、その昔はどうだったんだろうとか^^
しかし、この柱は浮いてしまってる状態なんですかね?
いつかガタっといっちゃうのでしょうか~
Commented by daisiweblog at 2009-10-24 21:04
壁の穴の横に赤いコーン、良く見る風景といえば良く見ますが、考えてみると、シュールですね。
何があったのか、これからどうなっていくのか、いろいろ想像させられます。
Commented by blackfacesheep at 2009-10-24 21:43
ゴンさん、こんばんは。^^
そうそう、昔の住宅にはこういう土壁が多いですね。
今はあまりみかけなくなりました・・・作るのが手間がかかって大変なんでしょうね。
この柱、浮いてました。地震が来たら、一発だろうなあ。^^;
Commented by blackfacesheep at 2009-10-24 21:45
daisiさん、こんばんは。^^
カラーで撮っても良かったんですが、赤いカラーコーンがシュールすぎるので、モノクロフィルムにしました。
もう誰も住んでいないみたいですから、あと何年ここに建っていられるんでしょうか・・・
だんだんこういう味わい深い建物が少なくなっていって寂しいですね。^^;
Commented by cestlaviexxx at 2009-10-24 23:12
こんばんは。
そう・・コーンというとやはり立ち入り禁止を連想させますよね。。
最近では「駐車禁止」であったりしますけど・・<うちのほうでは
古いものになると・・どんな意味合いで置かれたのか気になります。
Commented by macorrin at 2009-10-24 23:44
壁の板材のグルグル年輪模様が鮮明でとても不思議な感じですねー
土壁の中がどうなってるかほと目でわかって面白いです。
ワタシの家のまわりでも、少し前ならこんな場所あちこちにあった様に
思いますが、今では古いモノがすっかりなくなってしまいました。
日本の家屋は年月とともに風化してしまうモノが多くて、ちと寂しいような
でも、それでいいような・・・
Commented by amselchen at 2009-10-25 02:47
タイトルが抜群です!♪
旧屋のほころびから世界全体が緩んでゆくような不審さに満ちています。
だから、☆☆☆☆☆
Commented by いけみ at 2009-10-25 05:00 x
不審な建物ゆえに子供心釘付け〜(笑)
近所の子供の秘密基地になっていそうですね。
なので、コーンとか置かれて立ち入り禁止っぽくなっているのでしょうか?
でも、それが余計に子供には釘付け〜(笑)
Commented by PTAN-YO at 2009-10-25 07:27
おはようございます。^^

木の質感描写が見事で、思わず手を伸ばして反り返っている木の板をば
りばり剥がしてみたくなりますね。それと、奥の方の植木に光が当たって
きらきらっとしているのがすごくきれいです。(*^-^*)

こういう光景を見かけたら、なんでこんな穴が開いているんだろう、コーン
を置いてあるってことは一応直す気があるのかそれとも子供がいたずら
しないようになのか…、なんていろいろ想像を駆り立てられてすごく気に
なって思わずしばし立ち止まって眺めてしまいそうです。^^

それにしても、こんなぼろっとした土壁の家、すごく懐かしいです。小学校
の頃に住んでいた家がちょうどこんな感じで、壁に穴が開いているところ
に鳥小屋を建てたら飼っていたインコがそこを巣穴にしていました。^^
Commented by 星烏 at 2009-10-25 11:19 x
真っ黒クロスケがワンサカ巣食っていそうですね~~。 ^^

景色も不審ですが、それを645で狙う黒顔羊殿の姿も、想像するに
そーとー不審ではあります。 ^^;
Commented by asty-flower at 2009-10-25 15:28
おもしろ~い!!
こんな風景見つけたら私も絶対撮りますね・・^^
格子になっている奥にネズミさんがいそうですが・・・
遠目に撮るかも(^-^;
地震があったら跡形もなく崩れそうな感じですけど、大丈夫なのかなぁ。
Commented by きの at 2009-10-25 19:15 x
無人?と思わせる絵ですね。ほころび・・・、さび・・・・そういったものにノスタルジーを感じられる方ですね、黒顔羊さん。家の後ろの通り?の木の葉っぱがきらきらとお日様の光を受けているところがコントラストのあるアクセントになっているところが憎いですね。視線が左から右に流れて空間的な広がりを感じると同時に目が退屈しないというか、ほころびを何か新鮮なトピックスとして強調している気がします。 プラスチックのコーンが微妙ですが、たしかに立ち入り禁止の風情を感じさせるものかもしれませんね。

別件ですが、FA43ミリのレンズ・・・・欲しくなっちゃいますね。
Commented by blackfacesheep at 2009-10-25 20:21
ラヴィちゃん、こんばんは。^^
うちの方でも、家の前に置いてあるカラーコーンって、「駐車禁止」って意味が多いですね。
まさか、ここに駐車する人もいないとは思うんですが・・・
ひょっとして、崩れ落ちそうなんで立ち入り禁止の意味なんかなあ。^^;
Commented by blackfacesheep at 2009-10-25 20:23
マコリンさん、こんばんは。^^
壁の板材、長い年月風雨にさらされて、年輪模様も気合の入った色合いになってましたねえ。^^
日本家屋、昔は壁が土で仕上げてあったところが多かったんですが、さすがに少なくなりましたね。
竹で格子を編んで、土を盛り付けていくのは、確かに手間なんでしょうねえ。^^
Commented by blackfacesheep at 2009-10-25 20:25
アムゼルさん、こんばんは。^^
おお~、タイトル芸術の大家、アムゼル大兄にほめてもらえるとはうれしいです~。^^v
この家、全体的にお陀仏になりかかっていますが、特にほころんでるのがココなんですよ。
竹を一本抜くと、バラバラバラ~っとなりそうで面白かったです。^^v
Commented by blackfacesheep at 2009-10-25 20:27
いけみさん、こんばんは。^^
そーですねー、親は「危ないから入っちゃ駄目!」って言いそうな家ですね。
それでカラーコーンが置いてあるのかなあ。
でも、ガキはそう言われると、余計に入りたくなるもんです。^^v
で、中にガラクタを持ち運んで秘密基地化していくわけですね~。
Commented by blackfacesheep at 2009-10-25 20:30
ぴーたんさん、こんばんは。^^
こういう風雨にさらされた木材って、実に味わい深い表情になっていますね。
きょうびの新建材ではとてもじゃないですが、こんな味は出ません。
この穴、狸とか狐が出入りしそうな感じでした。^^
小鳥やインコだと可愛すぎて、この不審な穴の雰囲気には合わんかも~。^^
Commented by blackfacesheep at 2009-10-25 20:33
星烏さん、こんばんは。^^
真っ黒クロスケが住んでいる家は、いまや貴重品ですね。
近くの愛知万博記念公園に「さつきとメイの家」ってのがありますが、あそこはもう少し小奇麗でした。^^
あはは~、そーですねえ、645に本体よりも長い165mmつけて撮っていたら、確かに不審だわ~。^^;
Commented by blackfacesheep at 2009-10-25 20:35
アスティさん、こんばんは。^^
でしょでしょ、こんな風景見つけたら、絶対撮るよなあ。^^
格子の穴の中、夜に覗くとらんらんと光る目が見返しそうでした。^^;
地震があったら、苦もなくひっくりかえるでしょうね、きっと。
だから、注意喚起のカラーコーンなんでしょうか、ねえ。^^
Commented by blackfacesheep at 2009-10-25 20:39
きのさん、こんばんは。^^
そうですねえ、古くて人の歴史の感じられるものが空きなんですよ。
新しいものも嫌いじゃないんですけど、被写体には選ばないなあ・・・
FA43mm、K200Dで覗いてみましたか・・・^^
開放だと甘めですが、ピントの合ったところはカリカリにシャープなんですよ。
あのレンズ、APS-Cだと64mm、ちょっとせまめな標準レンズになり、とっても重宝ですね。^^
Kマウントのデジタル、いかがですか?^^K-7あたり、似合いそうなんだけどなあ。
Commented by depail at 2009-10-25 21:09
この感じ、つげ義春の板塀を思い出しました。
(あちらはもっとどんよりしてますが・・・)

被写体は、やはり、人の匂いのするものを選びたくなりますよね。
Commented by blackfacesheep at 2009-10-25 21:22
でぱいゆさん、こんばんは。^^
おお、つげ義春ですか~、あそこまでシュールではないですが、少々非現実的な空間になってましたね。
この真っ黒な穴の中には、メメクラゲでも住んでいるのかもしれませんね。^^
私の選ぶ被写体、人工物が圧倒的に多いです。
ネイチャーフォトグラファーにはなれないだろうなあ・・・^^;
<< 2009年10月25日 ひと月... 2009年10月23日 タイプ... >>