Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2009年12月12日 ばけぺんを連れてお散歩
b0175964_20481728.jpg

我が愛機、「ばけぺん」こと、Asahi Pentax 6x7の勇姿です。
でも、この写真も6x7のフォーマット・・・レンズは105mmですから、ピントは目茶浅ですね。
そうです、この写真は「ばけぺんによって、ばけぺんを撮った写真」なんですね。

b0175964_20501456.jpg実は、また「ばけぺん」を一台、ポチってしまいました。^^;
これは、私の今までの愛機に比べると、一世代新しいばけぺんです。

私の愛機は1969年に発売された極初期の製品ですから、ミラーアップ機能が付いていません。
その後、ミラーアップ機能が追加されて作り続けられ、約20年後の1989年にこの2代目「ばけぺん」にモデルチェンジしました。

と言っても、ほとんど変更点は無く、ペンタプリズムのロゴがAOCOとAsahi PentaxからPENTAXに変り、ボディ左側のロゴが「6x7」から「67」に変ったのが、一番識別しやすい特徴です。

また、私の愛機のレンズは、トリウム含有のために黄変してしまっているSMC Takumar 6x7 105mm/F2.4ですが、こちらのおニューのばけぺんは、SMC Pentax 67 105mm/F2.4で、コーティングやディテイルが変更されています。
もちろん、黄変などしておらず、クリアなレンズです。

ただ、このおニューのばけぺん、私のではないんですね。^^;
写真友達のNさんが、「ばけぺんが欲しいんです!」というので、私が代行してヤフオクにて落札したものなんです。^^

この「ばけぺん」が、出品者から届いたので、早速一昨日、試写をしました。
一枚目は、そのときに撮ったショットで、「おニューのばけぺんでお古のばけぺんを撮った」ものですね。

さて、試写に向かった先は、長久手町です。
ここにはブローニーでもネガ・カラーなら30分で現像してくれるラボがあり、長久手古戦場公園で数枚撮ったあと、そのラボまでばけぺんをぶら下げてお散歩してきました。
下記は、そのお散歩の際に撮った画像です。


b0175964_2104213.jpg

古戦場公園の隣にあるレストランの看板です。
105mmでこういう被写体を撮ると浮き上がってきますね。^^

b0175964_211447.jpg

こちらは県道長久手線沿いの舗道にて。
「蔦の絡まる錆びた白いポール」・・・蔦フェチ、錆フェチには撮らずにいられない被写体でした。

b0175964_2111922.jpg

バイク屋さんがあったので、そのポートレートをぱちり・・・じゃなかった、「バシャコ~ン」ですね、ばけぺんですから。^^;

b0175964_2113321.jpg

自転車屋さんもあったので、そこでもバシャコ~ン。

そんなわけで、試写の結果は、とても良かったです。^^v
私の黄変した105mmに比べると、新しい105mmは黄色くなることもなく、ヌケがよくてクリアでした。
また、露出計の精度も申し分なく、フィルムの給装にもムラなどはいっさい無く、綺麗にコマ間隔が揃っていました。

本日、このばけぺんの新しい飼い主となるNさんに手渡しし、その後でもう一人のばけぺんユーザーを加えて、「ばけぺんを持つ3人衆」の記念撮影をしてきました。^^

「ばけぺんを使う女子フォトグラファー」の誕生、実に喜ばしいことであります。^^v

愛知県愛知郡長久手町にて
Pentax 67
SMC Pentax 67 105mm/F2.4
Fujicolor Pro 400
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2009-12-12 21:15 | Snap Shooting | Comments(22)
Commented by portfolio at 2009-12-12 23:47 x
こんばんはー。

ばけぺん女子の誕生、ばけぺんユーザーの
端くれとして心より祝福申し上げます!
ミラーアップ付で第二世代のばけぺんを
チョイスされているところに
さりげない優しさを感じました。

やはり67は同じブローニーでも
645とは一段違う立体感ですね!
Commented by いけみ at 2009-12-13 00:45 x
バイクのお写真の描写いいですねぇ♪
それにしても、早い三人揃い踏みです。
私もそろそろ‥、いやいや(^_^;
Commented by amselchen at 2009-12-13 02:27
こ、こ、これでネガですか?嗚呼、また目に毒なものを見てしまった。
見なかったことにしょう、と思っても夢に見そうw
Commented by きの at 2009-12-13 04:34 x
僕のEBC Fujinon 50mm F1.4 も黄変しているのですが、やはりカラーで撮ると黄色くなるんですかねぇ?ネガでしか試写していないので、よく判らないんですけど・・・・。
Commented by kouko at 2009-12-13 10:07 x
おはようございます。
このあたりの中判ウィルスは、ほんとに強力そうですね^^
ニューバケペン、後ろのボケ具合も滑らかで、すごいですね。
3人衆の勇姿も拝見してきました。
紅一点、カッコイイですね^^v
Commented by 星烏 at 2009-12-13 11:29 x
嗚呼、このエントリ見てて、鎮まってた悪い虫が蠢きだしてしまつた。 ^^;

やはりレンズ交換できる中版もほしいな~~。
どれどれ、マミヤ7の相場は..っと。

げ! 高い~~ ToT

悶々とした日々が続きます。 ウィルス撒かないで下さい。 ^^;
Commented by daisiweblog at 2009-12-13 11:36
黄変したレンズは、イエロー・フィルターの代わりにならないのか?と、ずっと疑問に思っているdaisiです(^^;

「これからはバケペンの2台体制なのか!」
「だから、135判はキヤノネットなのか!!」と思いましたが、違ったんですね。
なぜだか分かりませんが、安心しました(^^)

代理購入って楽しくないですか?
物欲、購入欲をそれなりに満たされるのに、お金は減らないという・・・
というわけで、頼まれ物を買うのは結構好きなんです(^^)
Commented by farfarsideK at 2009-12-13 11:46

うーん、やっぱり姿がかっこいいですね。安心してみていられる外観
です。こういうカメラで撮りたくなります。美しいボケ。レンズセッ
トなどで売られたりしていますか?

Commented by aitoyuuki32 at 2009-12-13 12:38
この画角とボケの関係、いいですね~。

APS-Cでこれだけぼかそうとすると画角が狭くて後ろの情報量が少なくなりますもんね。
Commented by macorrin at 2009-12-13 18:00
あ~、またしても中判ウィルスを撒き散らしていますね。
滑らかで大きな背景ボケ、リアルな解像感、発色もなかなかリッチに見えます。
これを見た多くの人が6X7って凄い、凄すぎ!って思う筈です。
いやーやっぱりセミ判じゃなくて6X7じゃないとホントの中判写真とは
言えないんでしょうね・・・ううむ
Commented by blackfacesheep at 2009-12-13 18:44
portfolio さん、こんばんは。^^
やはり女子に使ってもらうには、第2世代の方が良いかな~と思いましたよ。
いざと言うとき、ミラーアップできたほうが、確実に歩留まりは良いですからね。^^v
でも、多分、三脚乗せないでスナップショットばかりを撮ると思いますよ、彼女。^^v
portfolioさんにも一度オフ会に参加してもらって、「ばけぺん四人衆」の写真撮ってみたいです。^^v
Commented by blackfacesheep at 2009-12-13 18:46
いけみさん、こんばんは。^^
バイクのポートレート、ファインダーを覗いていて「う・・・浅い・・・」って、のけぞってしまいました。^^;
いけみさんも、そろそろ、バケペニストのお仲間入り、お待ちしておりますよ~。
GF670に比べてレンズ沼が待ってるので危ないですけどね。^^;
Commented by blackfacesheep at 2009-12-13 18:49
アムゼルさん、こんばんは。^^
はい、ネガもネガ、街の写真屋さん御用達のPro400であります。
すげえ良い描写で、私もスキャンしていて腰が抜けそうになりました。
今までポジばかり使ってましたが、改心してネガも使おうと思いましたよ。^^v
Commented by blackfacesheep at 2009-12-13 18:51
きのさん、こんばんは。^^
おお、EBC Fujinonも黄変していますか~、あの頃の切れの良いレンズは、トリウム含有が多いみたいですね。
黄変レンズ、ポジで撮るとはっきりわかりますよ、温かみのある色調になります。^^v
Commented by blackfacesheep at 2009-12-13 18:53
koukoさん、こんばんは。^^
はい、東海地方はインフルエンザなみに中判ウィルスは危険です。^^v
試写なので、ばけぺんらしいボケを活かした写真ばかり撮ってみました。
改めてこのレンズの凄さを味わってしまいましたね~。
このレンズでファインダーを覗くと、間違いなく発症しますねえ。^^;
Commented by blackfacesheep at 2009-12-13 18:55
星烏 さん、こんばんは。^^
おお、どうやらレンズ交換できる中版のウィルスに罹患したようですね。^^
スーパー・アンギュロン6x9も強力なウィルスを撒き散らしてますから、免疫があると思ってたんですが・・・^^
Mamiyaなら、RBとかRZなら、2万円台からありますよ~。
Commented by blackfacesheep at 2009-12-13 18:58
daisiさん、こんばんは。^^
黄変しレンズ、明らかにイエロー・フィルターの代わりになります。
モノクロフィルムで空を入れると、がっつりコントラストがつきます。^^v
しかも、露出倍数もかかって、1/4~判絞りほど暗くなります。
代理購入、結構楽しめますね~、あたかも自分が所有するような満足感にひたれます。^^v
Commented by blackfacesheep at 2009-12-13 19:00
Kさん、こんばんは。^^
大きさは薄らでかいですが、カタチそのものはカメラらしい格好をしたカメラですね。^^
オークションでは、この105mmとセットになって売っているケースが多いですね。
TTLファインダーが付いてるほうが、絶対に使いやすいですよ~。
ウェストレベルの中判なら外部露出計でも良いでしょうが、このカメラのコンセプトを生かすなら、内蔵TTLがベストです。^^v
Commented by blackfacesheep at 2009-12-13 19:03
aitoyuuki32さん、こんばんは。^^
中判の魅力は、標準の画角で大きなボケを得られるところですね。
時々APS-Cのデジタルにつけて撮るときもありますが、あまりの狭さに愕然としてしまいます・・・
ばけぺんを使っていると、フルサイズ・デジタルを欲しいと思わなくなりますね。^^;
Commented by blackfacesheep at 2009-12-13 19:05
マコリンさん、こんばんは。^^
やはりこの大きなボケは6x7特有のものですね。^^
645が悪いわけではないですが、ここまでの迫力は無いですからね~。
マコリンさんも、お一つどうですか~。
レンズアダプタを買えば、645とレンズは共用できますよ。^^v
Commented by ちくりん at 2009-12-14 09:50 x
ブローニーのネガカラーを30分!
それってプロ用のラボの一般向けサービスでしょうか?

長久手古戦場って確かトヨタ博物館の近くじゃなかったかですか、
最初は車で、二回目はリニモで懐かしい車たちを見に行ったことがあります。
当時はだだっ広い丘陵地帯の印象が強かったですけどね~
Commented by blackfacesheep at 2009-12-14 15:58
ちくりんさん、こんにちは。^^
プロ用ラボなのかどうかはわかりませんが、お店のご主人が丁寧に一本ずつ現像してくれますよ。
135判なら当たり前のサービスですが、ブローニーでは貴重です。
なので、ブローニーの試写はいつもカラーネガですね。^^v
長久手、仰るとおりの場所です。お詳しいですねえ。^^v
<< 2009年12月13日 忘れ去... 2009年12月11日 モノク... >>