Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2010年5月15日 バス停の墓場にて
b0175964_19195516.jpg

以前、デジタルでもご紹介した、土岐市駄知町にある錆びたバス停標識です。
これだけ並んでいると、「バス停の墓場」という雰囲気が漂っていますね。

この場所は、今は廃線となってしまった東濃鉄道駄知線の駄知駅のあった場所で、駅跡地は今も東鉄バス土岐営業所となっており、バスターミナル、車庫があります。
駄知町、廃線好きの人にはたまらない場所でもありますね。^^

b0175964_19201179.jpg


岐阜県土岐市駄知町にて
Asahi Pentax 6x7 "Bakepen"
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Fujicolor Super G 100
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2010-05-15 19:27 | Rusty Scene | Comments(20)
Commented by maihime5033 at 2010-05-15 19:53
マニアックな場所ですよねー。
私も鉄道が好きなので似たようなところがあるかもしれません。
大井川鉄道に行きSLちゃんと自然を撮るのが夢ですが。
電車でもなくなった駅のプレートとかほしがるマニアが
いるようですね。
あと、ブルートレインのヘッドマークとかああいうのも。
Commented by depail at 2010-05-15 22:28
廃バス停がこんなに並んでるのは初めてみました。
いろんな人が待ってそうで、ちょっと不気味な感じもしますね。
鉄道系だと鉄分補給っていうのですが、
バス系だとなんていうんだろう???
Commented by macorrin at 2010-05-15 22:28
いやはや、実にいいもん見つけましたねぇ、スゴイ!
黒顔羊さんは、錆モノ探しにかけては天才的な嗅覚を発揮されますね。
Commented by atsushi_63 at 2010-05-15 22:42
フツーの人なら普段は見過ごしてしまいそうな物なんでしょうね。
なかなかいい物を見つけましたね~
芸術家やカメラマンは、常人とは物の見方が違いますからね。
芸大に通っていたころは、粗大ゴミばっかり拾ってくる友達がいました。
彼にとっては大事な作品の材料なんですけどね(笑)
私は流木や砂浜の漂着物ばかり集めていましたっけ。
一般の人から見たら、単なる変態ですな(汗)
Commented by いけみ at 2010-05-16 00:11 x
カラーネガの淡いトーンだと、また哀愁を誘います、ねぇ。
ゆっくりと風化していくバス停看板の墓場は
時間が止まった場所にも見えます。
Commented by kouko at 2010-05-16 08:33 x
おはようございます。
サビサビの林立ですね^^
↑でいけみさんが「時間が止まった場所」と書かれていますが、
まさにそんな感じですね。
このほったらかしの雰囲気、
関係ないのに、なんとなく米国映画を連想しました。
Commented by binbiilu at 2010-05-16 13:04
何度見てもユーモラスで飽きません。標識がバス停でそれぞれの行き先に出勤するのに並んで待っているようです。明るい日差しも標識の気分を表しているようで、好きですねえ。
Commented by きの at 2010-05-16 13:38 x
貴重な被写体を撮られましたね!凄いです。さび追求魂。
Commented by imustu at 2010-05-16 15:46
デジタルの時も拝見しましたが、
なんとも魅力的な場所ですね。
しばらくボーッと立ち尽くしそうです(^^;
やっぱりいいですね~錆。
Commented by blackfacesheep at 2010-05-16 17:31
舞姫さん、こんにちは。^^
私は鉄ちゃんじゃないんですが、往々にして古い駅に行くと錆があるので、よく出かけますよ。^^
古い駅名表示板、明智鉄道の岩村駅にいいのがあったなあ・・・思わずお持ち帰りしたくなるような奴でした。^^;
Commented by blackfacesheep at 2010-05-16 17:32
でぱいゆさん、こんにちは。^^
路線廃止に伴い、とりあえず廃バス停をここに集めてしまったんでしょうね~。^^
バス系・・・う~ん、ゴム分補給なんでしょうか・・・^^;;;
Commented by blackfacesheep at 2010-05-16 17:33
マコリンさん、こんにちは。
錆フェチが昂じてくると、大体錆のありそうな場所は嗅覚でわかるようになる・・・んなこたあないか。^^;
でも、駄知町は町全体が錆びてる感じですから、錆フェチにはお勧めですね~。^^v
Commented by blackfacesheep at 2010-05-16 17:35
アツシさん、こんにちは。^^
フツーの人が撮らない被写体、大好きですよ~・・・単なる変態・・・自覚ありますわ。^^;
私は芸術家でもなければ優れたカメラマンでもないんですが、変なものばかりに気を惹かれてしまいます~♪
Commented by blackfacesheep at 2010-05-16 17:36
いけみさん、こんにちは。^^
デジタルよりカラーネガフィルムの方が、一段と哀愁が漂っていて良いですね~。^^
おそらく5年後も10年後もここに置いてあって、だんだんよい味わいになってくんじゃないでしょうか。^^
Commented by blackfacesheep at 2010-05-16 17:38
koukoさん、こんにちは。^^
確かに「時間が止まった場所」ですね、最後にこの停留所にバスが止まったのはいつなんだろう・・・と考えてしまいます。
米国映画・・・うん、わかるような気がします・・・ハードボイルドでもあり、センチメンタルでもあり・・・^^;
Commented by blackfacesheep at 2010-05-16 17:39
binbiiluさん、こんにちは。^^
そうそう、この錆びたバス停、妖怪変化のようなユーモアがありましたね。^^
同時に、誰も注意を引かない存在でもあり、その哀愁もたっぷり漂ってました。^^v
Commented by blackfacesheep at 2010-05-16 17:39
きのさん、こんにちは。^^
この街を歩いているとき、ものすごい錆に出会いそうな予感がしてました~♪
Commented by blackfacesheep at 2010-05-16 17:40
imustuさん、こんにちは。^^
駄知町、町全体が錆の宝庫になってまして、どこから撮ろうか悩んだぐらいです。^^;
時々錆フェチのお宝になるような町って、行ってみたくなりますね~♪
Commented by arata at 2010-05-18 01:47 x
これは面白いです。
錆びた標識が自分の田舎の寒々しい景色を思い起こさせ,切なくもなります。
Commented by blackfacesheep at 2010-05-18 20:26
アラタ会長、こんにちは。^^
ありがとうございます、バスって列車よりもセンチメンタルな気分にさせるところがありますね。^^
<< 2010年5月16日 Wait... 2010年5月14日 昼の新緑... >>