Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2010年9月21日 夏の終わりの城下町
b0175964_1453174.jpg

明治から続く名物お菓子屋さんの「かんから屋」さんです。
かんから餅が有名で、こしあん、きなこ、黒胡麻の3種類が選べます。
老舗らしい落ち着いたたたずまいが素敵ですね~♪

b0175964_14531939.jpg

岩村町、今は恵那市の一部になりましたが、古い城下町らしい味わいのあるメインストリートは変わっていませんでした。

岐阜県恵那市岩村町にて
Asahi Pentax 6x7 "Bakepen"
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4 with C-PL Filter
Fujicolor Super G 100
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2010-09-21 14:58 | Japanese Landscapes | Comments(22)
Commented by nikojisan at 2010-09-21 18:45
私は、足と腰が悪いモンですから、あまり出掛けることは多くないのですが
多分、近隣の町とか、旧い町並みを守っているところに行けば、この様な良い風景にも
遇えるような気がしますね?
病院に行ってよく診て貰おうかなぁー・・・・
今は、車で近くまで行って、そこら辺を見て回る事が殆どです。
Commented by maihime5033 at 2010-09-21 19:57
素敵ですねー。以前雛人形があった辺りでしょうか??
こういうところで頂く、お茶とおまんじゅうは最高でしょう?
素敵な喫茶店のケーキもいいですが、おばあちゃんとか
おばちゃんとかが経営されたりしていて、お話が
楽しいですよね。
Commented by macorrin at 2010-09-21 21:52
うわぁ、これはヤバイです。
6x7+105mmの厚みのあるボケ描写が素晴らしいです!
6x7ってすごいな~!そろそろワタシも買おうかな、これと同じ機材にしたいです。
岩村は馬籠、妻籠に匹敵する楽しい観光地ですよね~ワタシも大好きな場所です。
Commented by atsushi_63 at 2010-09-21 22:30
1枚目、豪快なボケの影響でジオラマみたいですね。
精密な模型を見ているみたいです。
Commented by いけみ at 2010-09-22 03:05 x
秋っぽい色彩ですね♪
撮られたのは30℃を超す日だったのでしょうけれど(笑)
少し赤みを帯びた色の落とし具合がそう感じさせるのでしょうか(^_^)
Commented by monopod at 2010-09-22 04:05
いいですね、2枚目!
浅い深度が絵のような優しさを演出しています。
Commented by yumaruna238 at 2010-09-22 08:08
素敵なボケですね~。
Commented by farfarsideK at 2010-09-22 10:07

柔らかいボケですね。じっと見てると何となく普通の一眼と中版はやっぱり
違うなという気がしてきます。大きくゆったり包みこむような柔らかさ...む
ー変な表現ですが、中盤で撮ると普通よりももっとゆったり感が上手く出る
ような感じ。一枚目の写真はボケの効果なのか、少しミニチュア風に写って
るのが楽しいですね。

Commented by blackfacesheep at 2010-09-22 10:50
るーちゃん、こんにちは。^^
写真を撮っていると、確かに知らない間に随分歩きますよね~、次の日に脚が筋肉痛って時もよくあります。^^;
特に古い町並みを歩いていると、被写体がゴロゴロしてますから、気がつくと駐車場からかなり離れてしまう・・・帰りがしんどいです。^^;
Commented by blackfacesheep at 2010-09-22 10:53
舞姫さん、こんにちは。^^
そうそう、岩村は3月に古い雛人形を展示するイベントがあり、その頃に訪れると最高ですね~♪
岩村は昔からお菓子が有名で、かんから餅の他にも、松浦軒のカステラなんかも有名で、どちらもお客さんが一杯ですよ~^^v
Commented by blackfacesheep at 2010-09-22 10:56
マコリンさん、こんにちは。^^
ばけぺんの105mm/F2.4、絞り開放で撮ると深度めちゃ浅で楽しいですから、PL付けて減光して開放で撮りました~♪
初代モデルなら、オークションではこの標準レンズ付きで2万円~3万円前後かな・・・ぜひ手に入れてみてくださいな、楽しいですよぉ。^^v
Commented by blackfacesheep at 2010-09-22 10:59
アツシさん、こんにちは。^^
あはは、ロクナナで105mmを開放で撮ると、ありえんような豪快なボケ写真が撮れて面白いですね~。^^
確かにミニチュアのジオラマ、精密な模型みたいな写真が撮れてしまい、やめられません♪
Commented by blackfacesheep at 2010-09-22 11:03
いけみさん、こんにちは。^^
そうですね~、9月初旬はまだ真夏の日差しが眩しく、とーぜん30度を超えてましたね~。^^;
適正露出は1/1000でF4・・・ネガフィルムなら開放で1段半オーバーでもOKですが、 秋っぽいコク色を出したくてPLで減光しました。^^v
Commented by blackfacesheep at 2010-09-22 11:04
monopodさん、こんにちは。^^
中判写真の魅力の一つは、そのあさ~い被写界深度ですね~。^^
ファンダーを覗いているだけで幸せな気分になれますねえ、135判では得られない満足感がありますよ♪
Commented by blackfacesheep at 2010-09-22 11:05
yumaruna238さん、こんにちは。^^
この105mm、ばけぺんの標準レンズですが、実に良いボケがでますね~♪
Commented by blackfacesheep at 2010-09-22 11:07
Kさん、こんにちは。^^
135判と中判、やはりボケの大きさと柔らかさが段違いですね~♪
ごく当たり前の日常的な風景でも、中判の開放で撮った写真は凄く味わいがある・・・癖になりますよ~、これ。^^v
Commented by canandaigua-ny at 2010-09-22 11:24
店先に秋を感じますね。
素敵なお写真!
Commented by papazukakuteru at 2010-09-22 11:36
かんから餅のお写真は、ないのですね。。。見ても食べられないから見ないほうがいいかの知れませんが。。(;^_^A
岩村、明智、ゆっくり写真を撮りながら歩いてみたいですね。。。
Commented by kgr2007 at 2010-09-22 12:22
こんにちは。
暖簾とすだれがイイ感じ、こりゃ撮りたくなります。
一枚目のボケ方がいいですね。
ISO100なのにC-PLで…ってことは開放しか使わない覚悟で臨んでますね。
んー、『漢』ですねぇ。 素晴らしい! (^o^)
Commented by blackfacesheep at 2010-09-22 12:48
Canさん、こんにちは。^^
当日はどピーカンの真夏日だったんですが、さすが9月になると光線は秋めいてきて真夏とは違う雰囲気ですね~♪
岩村、中判カメラのファインダーから覗くと、すべてがノスタルジックです。^^v
Commented by blackfacesheep at 2010-09-22 12:50
ソラリスさん、こんにちは。^^
あはは、かんから餅の写真は撮りませんでした・・・店内、かなり混んでましたから、迷惑が掛かりそうなので自粛しました。^^;;;
岩村にしても明智にしても、東濃の古い街はフィルムがよく似合います・・・涼しくなったらまた出かけようっと♪
Commented by blackfacesheep at 2010-09-22 12:54
kgr2007さん、こんにちは。^^
ばけぺんの105mmの絞り開放、被写体からこのぐらいの距離で撮ると、みょ~に浮かび上がってきますから楽しいですね~♪
この日差しだと本当は1/1000でF4なんですが、何がなんでも開放F2.4で撮りたくて、確信犯的にPL付けて減光・反射を抑えました。^^;;;
<< 2010年9月22日 日なたの... 2010年9月20日 街の中の... >>