Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2010年12月7日 残照に照らされる晩秋の蔦
b0175964_13462195.jpg

12月に入ってから、どんどん日が短くなっていくのを実感しますね。
旺盛な繁殖力を誇るアイヴィも、この季節に見ると心なしか元気がないような気がします。
限られた光を吸収しようと必死・・・そんな感じでした。

愛知県豊田市にて
Arsenal Kiev 88C
Arsenal Arsat C 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2010-12-07 13:50 | Lights & Shadows | Comments(4)
Commented by nikojisan at 2010-12-07 23:37
デジタル編でも書きましたが、蔦の憎らしいほどの強さと生命力・・・・
12月でもまだまだ健在ですねぇー!
私も、これ程元気だと良いんだけれどなぁー?
Commented by いけみ at 2010-12-08 00:35 x
あれ程元気の良かったツタ達も枯れているのが
多くなりました。そろそろ見納めかなぁ(^_^)
これからはXmas、正月とイベント盛りだくさんなので
写真好きの被写体は困りませんけど(笑)
Commented by blackfacesheep at 2010-12-08 20:36
るーちゃん、こんばんは。^^
公共の場所にある蔦は、水遣りがしっかりしているせいか、実にしぶとく元気ですね~♪
畑の横に咲く蔦はかなり黄色くなってきているものが多いようです。^^
Commented by blackfacesheep at 2010-12-08 20:37
いけみさん、こんばんは。^^
そうですね~、田んぼの脇に咲いている蔦はかなりしょぼくれてきていますね~。^^
おお、12月に入ってかなり写欲が高まっているようですね~、こりゃ期待できます~♪
<< 2010年12月8日 蔦に絡ま... 2010年12月6日 初冬の赤... >>