Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2011年3月4日 満艦飾の電柱
b0175964_1343979.jpg

豊田市中央図書館のロビーから見た満艦飾の電柱です。
ここは豊田市駅前の総合ビル「参号館」の3階にあり、外壁は全面透明ガラスなので、普段は下から見上げるしかない電柱も、真横からしげしげと観察できます。

各種の配線が絡み合って、実にフォトジェニックだったので、思わずしっかり絞り込んでベタピンで撮ってしまいました。
「電柱」って、昔はその名前の通り、送電線しか配線してなかったんでしょうが、昨今は電話線・光ケーブル・ケーブルテレビ・信号機の配線など、多用途に使われているようです。
英語では電柱のことを"Utility pole"って言いますが、こういう複雑な配線を従えた電柱を見ると、実に言いえて妙な表現だと思います。^^

愛知県豊田市 豊田市中央図書館にて
Mamiya-6 Type IV B
Olympus D-Zuiko 75mm/F3.5
Ilford Delta 400
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-03-04 13:55 | Snap Shooting | Comments(2)
Commented by いけみ at 2011-03-05 01:21 x
こちらの田舎でも線だらけです(笑)
ここまで利用して強度とか大丈夫なのか?
とか思います。傾いているものも多いし(^_^)
Commented by blackfacesheep at 2011-03-05 14:18
いけみさん、こんにちは。^^
そうですねえ、日本ではケーブルの地下埋設があまり行われていませんので、田舎に行っても電柱だらけ、配線だらけです。^^;
景観保護の意味から、田舎の観光地は地下埋設の方がいいと思うんですけどね~♪
<< 2011年3月5日 自転車屋の... 2011年3月3日 工事中につ... >>