Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2011年3月19日 一杯の珈琲から・・・
b0175964_22481587.jpg

昔は、喫茶店というと、こういうわかりやすいベタな看板が多かったものでした。
名前も、「純喫茶:ナンタラカンタラ」というのが多かったように思います。
今風のお洒落なカフェもいいんですが、こういうレトロな看板のある喫茶店で飲む昔ながらの濃いコーヒーも乙なものです。

BGMは、「一杯のコーヒーから夢の花咲くこともある・・・」ですね。
昔懐かしき服部良一メロディーを、雪村いずみ + キャラメル・ママでどうぞ。



愛知県豊田市にて
Pentax 67
SMC Pentax 67 165mm/F2.8
Kodak Ektar 100
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-03-19 22:58 | Japanese Landscapes | Comments(8)
Commented by monopod at 2011-03-20 01:14
うふふ、「純喫茶磯辺」を思い出しました(^▽^)
あんなのもけっこう多かったような記憶があります。
Commented by kouko at 2011-03-20 06:44 x
おはようございます。
コーヒーの香りは心落ち着くものですが、
今日のお写真からは、まるでその香りが漂ってくるようです^^
Commented by いけみ at 2011-03-20 07:29 x
おお、カフェちっくに変貌していく喫茶店が多い中
こんな純喫茶風なのは、かえって貴重ですね(^_^)
私も、濃〜いコーヒーが飲みたくなりました(笑)
Commented by kgr2007 at 2011-03-20 08:19
おはようございます。ご無沙汰しております。
あぁ、いい切り方ですねぇ。とても懐かしい感じがします。
きっちゃてん…“カランカラン♪”とドアを開けて中に入った時、豊潤なコーヒーの香りが漂うちょっと薄暗い静かなお店が好きでした。
移動手段が電車やバス・徒歩の頃はよく立ち寄りましたし、バイクに乗り出しても相変わらず利用していました。
しかし車に乗り出してから20数年間、トンと寄らなくなりました。
駐車場が無いとゆったり寛げないってのは結局自分への言い訳で、時間を作る工夫と努力をしないとイカンですね。
Commented by blackfacesheep at 2011-03-20 16:37
monopodさん、こんにちは。^^
あはは、「純喫茶磯辺」、あの映画のファンは多いみたいですね。^^
ださいんですが、みょーに懐かしくて居心地の良い雰囲気・・・大好きですよ、私も♪
Commented by blackfacesheep at 2011-03-20 16:38
koukoさん、こんにちは。^^
そうですね、丁寧に入れたコーヒーのかぐわしさ、本当に心が落ち着きますよね。^^
このカップの看板から出ているのは、超音波振動で発生させられた水蒸気のようでしたよ。
Commented by blackfacesheep at 2011-03-20 16:40
いけみさん、こんにちは。^^
そうそう、オサレな「カフェ」とはまるで違う昔ながらの「喫茶店」、いまやとっても貴重です。^^
そしてコーヒーも愛知県らしく、スプーンが立つぐらい濃厚な奴を出してくれるところが良いですよね~♪
Commented by blackfacesheep at 2011-03-20 16:42
kgr2007さん、こんにちは。^^
そうですね、昔の喫茶店の香りって、今のカフェの香りよりずっとコーヒーの香りが濃厚だったような気がします。
私は古い人間なので、コーヒーも濃厚なのが大好き・・・アメリカンコーヒーは飲んでいて悲しくなります。^^;
<< 2011年3月20日 五平餅の老舗 2011年3月18日 神に祈る >>