Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2011年4月3日 引退した消防車
b0175964_18342841.jpg

豊田市藤岡町にある民族資料館に展示されていた消防車です。
消防車といっても、かなりプリミティブなもので、動力はなんだったんでしょう・・・
馬なのか、人力なのか・・・いずれにせよ、今は引退して、この民族資料館で余生の日々を送っていました。

愛知県豊田市藤岡町 豊田市藤岡民俗資料館にて
Mamiya-6 Type IV B
Olympus D-Zuiko 75mm/F3.5
Ilford Delta 400
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-04-03 18:37 | Japanese Landscapes | Comments(8)
Commented by atsushi_63 at 2011-04-03 19:54
力強い構図ですね。
動力は蒸気かしら・・・
そこまで古くはないのかな?
Commented by いけみ at 2011-04-03 21:09 x
消防栓に取り付けて使うタイプなんでしょうか。
タンクなど積んでないですよねぇ(笑)
当時の消防士は体力的に今以上、大変だったのかなぁ(^_^)
Commented by speedstar-dhy at 2011-04-03 21:39
これは見たことないものですね。
フェンダーの感じがなんともいえないレトロな感じです。
Commented by blackfacesheep at 2011-04-04 21:07
アツシさん、こんにちは。^^
かなりコンパクトな消防車だったんですよ・・・私も一瞬蒸気かと思ってしまいました。
どうやら戦前までは現役で使われてたみたいです。^^;
Commented by blackfacesheep at 2011-04-04 21:08
いけみさん、こんにちは。^^
そう言えばタンクらしきものはなかったような・・・
でも、田舎ですから消防栓なんてあるのかなあ・・・見れば見るほど不思議な消防車でした。^^;
Commented by blackfacesheep at 2011-04-04 21:09
speedstar-dhyさん、こんにちは。^^
そんじょそこらにはない珍品なのかもしれませんね~。^^
戦前の自動車は、こういうフェンダーがあたりまえだったみたいですね♪
Commented by monopod at 2011-04-05 02:34
う~ん、馬ではないような。
車が貴重な時代ですから、おそらく牽引して使っていたのでは??
うむ、見てみたい(笑)
Commented by noblivion at 2011-04-05 15:02
monopodさん、こんにちは。^^
馬ではありませんか・・・ひょっとすると牛さんだったのかも・・・^^;
でも、村の青年団の方々が牽引して使っていたのかもしれません・・・いずれにせよのどかな時代だったようですね♪
<< 2011年4月4日 早春の光を... 2011年4月2日 春を告げる... >>