Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2011年5月18日 鉄鎖と鉄バネ
b0175964_20471282.jpg

私はいわゆる「鉄ちゃん」ではありません・・・鉄道写真ってほとんど撮ったことがないですね。
でも、鉄でできたものは大好きです。
実用一本槍の無骨な存在感、硬くて重くて融通の利かなさそうな強面、時には錆も浮き出ていたりするので、すごく惹かれるものがあります。
こういうのはなんていうんでしょうか・・・やっぱ、「鉄フェチ」でしょうか。^^

愛知県みよし市にて
Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Kodak Ektar 100
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-05-18 20:51 | Rusty Scene | Comments(6)
Commented by speedstar-dhy at 2011-05-18 23:19
こんばんは。エクターですか。
こういう鉄の質感も見事に写し出してくれるんですね。
さびが渋いです。
Commented by monopod at 2011-05-19 02:37
僕も鉄ちゃんではありません。
でもテッチャンが大好きだったりします、ご免なさい(^^;
Commented by kouko at 2011-05-19 06:39 x
おはようございます。
鉄の赤、背景の草の緑とタンポポ(?)の黄色。まさにEktarカラーですね。
存在感のある「鉄」ですね~
黒顔羊さんの鉄道写真、ちょっと見てみたい気もします^^
Commented by blackfacesheep at 2011-05-19 12:55
speedstar-dhyさん、こんにちは。^^
エクターはリアラよりも鉄を撮るには向いたフィルムかもしれませんね~、赤の発色がエネルギーに溢れてます♪
でも人物や風景ならリアラのほうが自然かな・・・それぞれ適正適所があるみたいですね~^^v
Commented by blackfacesheep at 2011-05-19 12:56
monopodさん、こんにちは。^^
あはは、テッチャンは食べるほうのテッチャンでしょうか~♪
私も大好きですよ~、安くてうまくて言うことないです。^^v
Commented by blackfacesheep at 2011-05-19 12:58
koukoさん、こんにちは。^^
新緑が燃え出し始める季節は、錆びた鉄を撮るには最高の季節ですね~♪
冬枯れの風景の中で撮るとひたすらに哀愁が漂いますが、新緑とともに撮ると充実した老後を送っているように見えますもんね。^^v
<< 2011年5月19日 日陰の自動二輪 2011年5月17日 碧空を分... >>