Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2011年7月7日 引いて寄って・・・の、製陶工場
b0175964_1717304.jpg

夕日を受ける製陶工場を、きっちり絞って撮ってみました。
この90mmレンズ、ばけぺん用の広めの標準レンズですが、ばけぺんで使うより645で使うほうが多いレンズですね。
645につけると135判換算で56mmの焦点距離となり、いわゆる「標準レンズ」と呼ばれる焦点距離のレンズになるからです。
ちょっと引いて絞って撮れば、な~んとなく広角風味の写真が撮れますね。^^

b0175964_17175660.jpg

また、このレンズは中判用の標準レンズとしては異例に寄れるレンズでもあります。
製陶工場の表にあったバルブを撮ってみましたが、これは最短撮影距離の65cmぐらいでしょうか・・・
絞りはF2.8の開放だったと思うので、豪快にボケてくれました。
標準レンズって、引いても寄っても使いやすいので、「標準レンズ」ということなんでしょうね。

岐阜県土岐市駄知町にて
Pentax 645
SMC Pentax 67 90mm/F2.8 with 6x7/645 Adapter
Ilford Pan F Plus 50
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-07-07 17:25 | Rusty Scene | Comments(2)
Commented by いけみ at 2011-07-07 19:55 x
寄れるのはいいですね!
画角はなんでもいいので、寄れれば
なんとかつぶしが効くし(笑)
Commented by blackfacesheep at 2011-07-08 20:16
いけみさん、こんにちは。^^
あはは、猫撮りする人は、寄れないと話しになりませんよねえ♪
豆にゃんも味わいがあって良いですが、あきるでしょうし~^^;;;
<< 2011年7月8日 ポニーのい... 2011年7月6日 ガストホー... >>