Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2012年2月9日 日差しを楽しむ古車輪
b0175964_1422057.jpg

愛知牧場で見かけた古い車輪です。
木でできた部分は風化が始まっているし、鉄製のタガの部分もそれなりに寂び始めてはいます。
でも、いまだにしっかりとした雰囲気が漂っていますね。
こういう昔ながらの素材って、時間が経っても汚くならないのが凄いなあと思います・・・あ、そう思ってるのは私だけで、一般的には汚いのかな。^^;
でも、プラスチックや合板ではこういうほっこりとした良い味わいは出ずに、ひたすら無残な雰囲気だけになると思うんですよね~。^^;

愛知県日進市 愛知牧場にて
The "Bakepen" - Pentax 67
SMC Pentax 67 165mm/F2.8
Fujichrome Velvia 100
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2012-02-09 14:07 | Rusty Scene | Comments(6)
Commented by いけみ at 2012-02-09 20:44 x
かっちょええ♪
いい写真ですね(^_^)
映画のワンシーンのようです!
Commented by 十六夜の顔 at 2012-02-09 21:02 x
いえいえ、、、もう、古いもの大好きですから汚いなんてこれっぽっちも思いません^^
(そういう私も、変なのかしら????)
ほっこりと―そうですね、日差しが温かみをあたえてくれるのでしょうか。
持って帰りたくなる一こまですね。
Commented by canandaigua-ny at 2012-02-10 10:21
被写体と背景のボケ感のバランスがとっても素敵です。
流石ですね。 :)

Commented by noblivion at 2012-02-10 22:05
いけみさん、こんにちは。^^
古い西部劇にこんな車輪が出てきましたよね~♪
できれば、牛のサレコウベでも転がっていると楽しいんですけどね~。^^
Commented by noblivion at 2012-02-10 22:08
十六夜の顔さん、こんにちは&いらっしゃいませ♪
お~、古いもの大好きですか~、オナカマ~、うれしいです。^^v
最新式のものを見ると「感心」はするんですよね、便利そうだな、とかね。
でも・・・「感動」はしないんだよなあ。^^;
心の柔らかいところに響いてくるのは・・・やはり古くて気持ちよく齢を重ねてきたものばかりですね~。^^
また遊びに来てくださいね。^^v
Commented by noblivion at 2012-02-10 22:09
Canさん、こんいちは。^^
こういう被写体を撮るときは、中判の浅い深度を活かして撮りたくなりますね~♪
深度の深いコンデジなんかで撮ると・・・きっと背景のごちゃらけたうるさい写真になってしまうでしょうねえ。^^;
<< 2012年2月10日 モノトー... 2012年2月8日 寒さに負け... >>