Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2012年2月23日 ミニチュア風味な枯れ木
b0175964_11271032.jpg

2月も下旬になってきて、やや寒さも和らいできた感じですね~♪
もうしばらくすると、葉を落とした木にも新芽が芽吹いてくる季節になってきそうです。
葉を落として鋭角的な枝だけになってしまった木が、冬の青空に映えるのを見られるのもあとわずかなんでしょうか・・・

ばけぺんの中望遠165mmの絞開放F2.8で撮ってみました・・・さすがにこの距離だと背景はかなりボケますね。
きょうびのデジタルカメラは「ミニチュア・イフェクト」を搭載しているモデルが出てきましたが、しょせん「パチモン・ミニチュア」です。
やはりフォーマットの大きなカメラで撮るミニチュア風味には・・・ちょっと敵わない気がします♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
The "Bakepen" - Pentax 67
SMC Pentax 67 165mm/F2.8
Fujicolor Reala Ace 100
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2012-02-23 11:35 | Japanese Landscapes | Comments(2)
Commented by いけみ at 2012-02-24 12:56 x
デジタルエフェクトより、光学系で
どかんと写っている写真は、存在感も
描写性も数段上ですねー(^_^)
だから中判やめられにゃい!
にゃはは(笑)
Commented by blackfacesheep at 2012-02-25 22:25
いけみさん、こんにちは。^^
そうそう、光学系だけで写っている写真の迫力って、デジタルイフェクトをむなしくしてしまいますね~♪
だからいつまで経ってもこのばかでかいカメラが手放せないんだろうなあ・・・びょーきですよね。^^;
<< 2012年2月24日 冬に照ら... 2012年2月22日 雪解けの午後 >>