Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2012年3月28日 早春の赤錆トタン板
b0175964_146879.jpg

星ヶ丘で花の写真を撮ったときには「うう・・・地味だ・・・」と思った新ポートラですが・・・錆の発色はいいですねえ♪
早春のまだ弱々しい光に照らされた赤錆トタン板、なかなかの存在感で写ってくれたような気がします。
これは派手な発色のフィルムじゃあうまくありません、こういうしっぶ~い発色がよく似合うんであります。^^v

愛知県日進市 愛知牧場にて
The "Bakepen" - Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
KODAK PROFESSIONAL PORTRA 160
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2012-03-28 14:09 | Rusty Scene | Comments(4)
Commented by いけみ at 2012-03-28 20:41 x
トタンは錆びる前に、塗装すれば
とんでもなく長持ちするとか、しないとか?
でも
錆びても、ずっとあるし、長持ちしますよね。
トタン恐るべし(笑)
Commented by canandaigua-ny at 2012-03-29 12:56
普段はあまり錆に興味が無いのですが(笑)、
この写真は思わずコメントしたくなるような一枚です。
どの位の年月がたってるのでしょう??

>ところで、Pちゃん、成長してますよ〜。
歩けるようになったし、talkativeになりレッスン中も賑やかです♪
最初の言葉は日本語だったでしょうか、英語だったでしょうか?? ;)
Commented by blackfacesheep at 2012-03-29 15:27
いけみさん、こんにちは。^^
そうそう、昔のトタン板はタールで塗装したものが多かったですねえ、あれは錆防止だったんでしょうか?
タール塗装が古びたのも味わいがあるし、錆びても雰囲気がいいし、究極の選択ですね♪
Commented by blackfacesheep at 2012-03-29 15:28
Canさん、こんにちは。^^
おそらく10年や20年じゃなさそうです・・・30年以上かもしれませんね~♪
お~、Pちゃん、もうしゃべり始めましたか~、今晩久しぶりに会うので、とっても楽しみなんであります。^^v
<< 2012年3月29日 雪にうな... 2012年3月27日 きょうび... >>