Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2012年5月9日 英国庭園を演出するものたち
b0175964_13282636.jpg

英国風庭園で有名な豊田市の花遊庭の入口付近です。
英国庭園なのに、なぜかこれはバリ島の神像・・・^^;;;
でも、英国本国にあるイングリッシュ・ガーデンにも、こういうエキゾチックな彫刻が置いてあったりしますもんね。
さすが世界各地に植民地を持っていた大英帝国・・・略奪してきたものも多いんでしょうけどね。^^;;;

b0175964_13284217.jpg

こちらは古いケロシン・ランプでしょうか・・・
実用性はほとんどないんでしょうが、年月を経たテクスチャがこういう場所にはふさわしい感じでした。

b0175964_1329189.jpg

如雨露もブリキで出来た「いかにも英国風味だぞよ」と言うものが置いてありました。
実用性ではプラスチック製のほうが軽くて良いのでしょうが、雰囲気がねえ・・・いまいち盛り上がらないんです。^^;
やはり、ちょっと不便でも、使いにくくても、ブリキの方が素敵に見えるんであります。^^v

愛知県豊田市 花遊庭にて
Pentax 645
SMC Pentax-A 645 75mm/F2.8
Fujicolor Reala Ace 100
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2012-05-09 13:36 | Japanese Landscapes | Comments(2)
Commented by いけみ at 2012-05-09 21:27 x
プラを排除すると、シックな感じをがしていいですねぇ♪
和風のお庭もプラ排除で、ぐっと雰囲気が出てくる(^_^)
京都、寺院にあるお庭とか、プラ製品があったら
げんなりですもん (*´ェ`*)
Commented by blackfacesheep at 2012-05-10 12:07
いけみさん、こんにちは。^^
そうなんですねえ、プラスチックは安くて軽くて成型しやすくて便利な素材なんですが、シックではないですねえ。^^;
20年以上、ずっとプラスチック成型業界で仕事をしてきましたから、もう少し愛情があってもよさそうなんですが・・・ないですねえ、あはは。^^;;;
<< 2012年5月10日 ウェスト... 2012年5月8日 セントラル... >>