Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2012年5月18日 ヴェスパの集うカフェ
b0175964_17572428.jpg

私、昔からこのヴェスパというスクーターが大好きでした。
オードリー・ヘップバーンが「ローマの休日」で乗っていたアレ・・・と言えばわかるかもしれませんが、つまり、相当に古いモノなんでありますね♪
イタリアのピアッジオ社が作ったスクーターですが、デザインが良いんです・・・レトロなのにモダンなんです。^^v

b0175964_17573696.jpg

ここは名古屋の下町、大須です・・・なぜか、ヴェスパがいっぱい集まっています・・・煉瓦で覆われたお店もユニークです。
名前はスマッシュヘッドさんと言いまして、どうやら、とても凝り性な方が経営しているお店のようでした。
中に入ってコーヒーを頂いてきましたが、これが思いのほかに良かったです。^^v
名古屋風に濃厚・・・がっつり脳天に響く強い味のコーヒー、実に美味だったんであります、また行こうっと♪

名古屋市中区大須2-21-90 カフェ・スマッシュヘッドにて
Arsenal Kiev 88C
Arsenal Arsat C 80mm/F2.8
Fujicolor Reala Ace 100
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2012-05-18 18:12 | Japanese Landscapes | Comments(9)
Commented by amselchen at 2012-05-18 18:56
>オードリー・ヘップバーンが「ローマの休日」で乗っていた

ううむ、というと誤解されそうですね。実際は(映画の画面中では、という意味ですが)グレゴリー・ペックの乗るべスパの後部席にオードリー・ヘップバーンが乗せられていたわけです♪
いずれにせよ、イタリア(をはじめドイツ)では現役で元気に走り回っておりますねえ~♪
Commented by miyabine at 2012-05-18 21:26
錆止め潤滑スプレー。TriumphのTシャツ。
ええなあ~。

ぜんぜん違うけど、2枚目を見て
尾張屋の店先を思い出しちゃいました。
Commented by macorrin at 2012-05-18 23:23
類は友を呼ぶというか、同じ感性を持つ方たちが集まってくるんでしょうか?
ベスパ、若い頃憧れましたが結局、あんなクソ遅いのに高い乗り物あかんわね~
となりヤメました。今から思えば判ってなかったな~
ローマの休日大好きな映画で、50周年記念デジタルリマスター判DVDを
家人にプレゼントしたんですが・・・ こんなん何が面白いん?全然泣けへんわぁ
と言われ、愕然としました^^
Commented by いけみ at 2012-05-19 02:23 x
わらひはベスパと言えば‥
松田優作の探偵物語になります。
ちょっと若いかも〜♪
ローマの休日も知っていますけど、さぁ。
にゃはは(笑)
Commented by blackfacesheep at 2012-05-19 10:15
アムゼルさん、こんにちは。^^
わはは、細かい突っ込みが来ましたね~、そうそう、実際に運転してたのはペックなんであります♪
Vepaはまだ現行で新品が手に入るんですよね、すごいロングライフモデルです、さすが欧州なんであります。^^v
Commented by blackfacesheep at 2012-05-19 10:17
miyabineさん、こんにちは。^^
昔の車とかバイクって、自分でメンテするイメージが強いよねえ、今のはブラックボックスでいじれん・・・つまらん。^^;
そうそう、2枚目は俺も思わず尾張屋の店頭を思い出した・・・このドアの色が似ているかも知れんね♪
Commented by blackfacesheep at 2012-05-19 10:18
マコリンさん、こんにちは。^^
欧州製の自動二輪って、スペックだけでは判断できない味わいみたいなものを持ってるものが多いですね~♪
そうですか~、自分の大好きな映画をわかってもらえなかったですか・・・まあ、価値観は人によって違うからしょうがないです、あはは。^^;
Commented by blackfacesheep at 2012-05-19 10:19
いけみさん、こんにちは。^^
そうそう、松田優作の探偵物語でもヴェスパは重要な役割を演じてましたよねえ♪
むしろ日本では、あのTVドラマでブレークしたような気がします~。^^v
Commented by kgr2007 at 2012-05-21 12:31
こんにちは。
Vespaは現行で手に入るとはいえ、なんだか懐かしい感じです。
けっこう重量があるので、今時の軽い日本製スクーターとは違って安定したコーナリングが味わえます。
日本製で似ているといえば、在りし日のラビットあたりでしょうかね。
30年ほど前に125ccぐらいのやつに乗ったことがありますが、Vespaってちゃんとクラッチがあるんですね。左手でクラッチを握り、ギヤチェンジはなんとその左手グリップをグイッと捻って1・2・3と刻まれた数字に合わせてまたクラッチを放す…という独特の操作法でした。
なので、松田優作さんが『探偵物語』の中で岩城滉一さんを後ろに乗っけて急発進、直後にいきなりウィリーで振り落とすなんてシーンも朝飯前だったんですね〜 (^^;)
<< 2012年5月19日 ローライ... 2012年5月17日 揺れる群集 >>