Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2012年7月30日 ダイ・ハードな木に射す西日
b0175964_1513059.jpg

大きく幹の中をえぐられた木・・・
木って丈夫ですねえ、こんなふうになってもまだ葉が茂っています。
逆境にあってもなかなかくたばらないこの生命力、まさしく”Die Hard"なんであります・・・見習わなくてはいかんですねえ♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Ilford Pan F Plus 50
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2012-07-30 15:05 | Lights & Shadows | Comments(8)
Commented by nikojisan at 2012-07-30 17:38
この木を見て、顔みたいで、映画の「ロード・オブ・リングス」に出てきた
老木が話をして、なおかつ歩き出すシーンを思い出しました!!
腕を大きく広げた人に見えるのはわたしだけ・・・・??
Commented by saraia77 at 2012-07-30 22:33
こんばんは。
モノクロームのおかげで木のたくましさが表現されていますね。
それよりも太陽のじりじり照らされながら、写真撮られました?
(私の場合は日中の撮影は危ないので夕方しか撮影に出かけることが
できません^^;)
Commented by monopod at 2012-07-30 23:38 x
いいなぁ、この描写。
僕のカメラじゃ絶対出せない雰囲気です。羨ましい。。
Commented by mos at 2012-07-31 17:19 x
木の幹って表情が豊かですよね。たくましいし寡黙、っていうか。
モノクロの迫力が迫ってくるようです。
Commented by blackfacesheep at 2012-07-31 20:37
るーちゃん、こんにちは。^^
そうそう、この老木、いかにもしゃべりだしそうな雰囲気に溢れておりましたよ。^^
植物の仙人みたいなもんでしょうかね♪
Commented by blackfacesheep at 2012-07-31 20:39
サライアさん、こんにちは。^^
まあ夕方近い時間だったので、さほどジリジリという感じでもなかったですけどね。^^
日中の撮影が危ない・・・ひょっとして、ドラキュラ伯爵のご親戚ですか・・・^^;;;
Commented by blackfacesheep at 2012-07-31 20:39
monopodさん、こんにちは。^^
これはF5.6ぐらいで撮ったと思うんですが、それなりにボケるんですよね、このぐらいの距離だと。
こういう描写になるのはやはりフォーマットの大きな中判ならではですね♪
Commented by blackfacesheep at 2012-07-31 20:41
mosさん、こんにちは。^^
そうですねえ、木の幹ってカラーで撮ってもあまり面白くないのに、B&Wだと俄然表情が豊かになるのが不思議です。
色が不要なときって、結構多いのかもしれません~。^^v
<< 2012年7月31日 レンタル... 2012年7月29日 NG写真... >>