Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2012年9月3日 赤錆が好きな蔦
b0175964_212925.jpg

蔦って何にでもまとわりつくんですね・・・真っ赤に錆びたドラム缶にまとわりつくのを見たときはちょっと驚きました。
水が補給されるとも思えないし、栄養分だって鉄分以外には何があるんだろう・・・^^;;;
人間以外の生物は、無駄な行動はしないはずなので、赤錆ドラム缶に敢えてまとわりつくからには何らかの理由があると思うんですが・・・
あ、そーか、この蔦は私と同じように「赤錆フェチ」なのかも~。(って、ヲイ^^;;;)

岐阜県加茂郡八百津町 上代田棚田にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Fujichrome Provia 100F (RDPIII)
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2012-09-03 21:34 | Rusty Scene | Comments(12)
Commented by いけみ at 2012-09-03 21:44 x
ほんと家の壁やフェンスに飽きたらず
ドラム缶まで(^_^)
生命力逞しいですね♪
Commented by papazukakuteru at 2012-09-03 21:50
蔦に鉄分はいらないでしょうが、ずっと動かずそこにあるから絡まるんでしょうねぇ。。がさがさな表面が絡まりやすいのかも(^^)
八百津にも棚田があったんですね。。。
香港うだやましいなぁ~!!
Commented by ウナム at 2012-09-03 22:10 x
すばらしいドラム缶の存在感です。
緑の巻き付きは目をうばわれますね。
Commented by speedstar-dhy at 2012-09-03 22:37
こんばんは。
これはまた素晴らしい質感ですね。
さすがの中判という感じです。
あつそうですが(*^_^*)。
Commented by nikojisan at 2012-09-04 09:05
まさか? (どんな坂?)
蔦は赤さびを喰って成長してるわけでもないでしょうに・・・・・!!
Commented by canandaigua-ny at 2012-09-04 10:59
これぞバケペン効果!? ;)
主役がとても際立って、錆なのに(笑)蔦とキレイに収まっています〜。
Commented by blackfacesheep at 2012-09-04 19:09
いけみさん、こんにちは。^^
家の壁もよく考えたら栄養はないですね・・・^^;
でも、なぜかドラム缶は異様に思えるんです、不思議です~。^^
Commented by blackfacesheep at 2012-09-04 19:10
ソラリスさん、こんにちは。^^
そっか~、表面ががさがさだから絡みやすいのか、なるほど~♪
はい、明日から香港なんであります、膵臓の調子も戻ってきましたので、グルメ三昧なんであります。^^v
Commented by blackfacesheep at 2012-09-04 19:12
ウナムさん、こんにちは。^^
中判でポジフィルムを使うと、リアリティがあるのやらないのやら・・・^^;
よくわからない不思議系の写りになりますね。^^;
Commented by blackfacesheep at 2012-09-04 19:13
speedstar-dhyさん、こんにちは。^^
光が十分に回った被写体は、ポジフィルムで撮ると実にシャープに写りますね~♪
おっしゃるとおりです、撮っているときは滝汗かきながら撮っていたんでありました。^^v
Commented by blackfacesheep at 2012-09-04 19:14
るーちゃん、こんにちは。^^
蔦はなんでもそこにあるものなら絡んでしまうのかもしれませんね。^^
栄養のあるなしなんて、考えていないのかも~。^^;
Commented by blackfacesheep at 2012-09-04 19:15
Canさん、こんにちは。^^
そうですね~、ばけぺんの105mmらしい豪快な写りになりました。^^v
これが好きで、なかなか中判フィルムをやめられません♪
<< 2012年9月4日 19世紀の... 2012年9月2日 炎天下のス... >>