Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2012年12月12日 晩秋の日差しに輝くビンテージカー
b0175964_22455817.jpg

先日、知多半島の美浜町で行われた「クラシックカーミーティングin知多美浜2012」の際に撮影した、英国製のビンテージカーです。
うさぎの立ち上がったマスコットが付いていましたので、ALVISだと思うんですが・・・あまり自信がありません。^^;
今の自動車に比べると、実に存在感があり、マッシブな造型がたまりませんでした♪
デジタルでも撮りましたが、さすがにこういう輝度差のある被写体は、モノクロ・ネガ・フィルムのほうが良い質感に写りますね。^^
こういう写りを見てしまうと、まだまだフィルムをやめるわけにはいかないんであります♪

愛知県知多郡美浜町豊丘字中平井1 美浜ナチュラル村にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2012-12-12 17:00 | Still Life | Comments(2)
Commented by いけみ at 2012-12-12 21:22 x
当時の車の乗り心地はどんなんでしょう?(笑)
決して良いものでは無いでしょうけど
どこまでも車で行ける自由な感覚は
今の車利用とは違う素晴らしい物だったでしょうねぇ(^_^)
Commented by blackfacesheep at 2012-12-13 09:19
いけみさん、こんにちは。^^
大昔の車は、乗り心地なんてあまり考えてなかったのかもしれませんね、とりあえず動くのがすげえ、って感じで。^^;
ものすごい科学のチカラみたいに思ってたんじゃないかなあ・・・戦後のモデルはそれなりに乗り心地は良いみたいですが♪
<< 2012年12月13日 海岸に... 2012年12月11日 晩秋に... >>