Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2012年12月13日 海岸に佇む赤錆アンカー
b0175964_22585827.jpg

デジタル写真ブログのほうで「潮風が創った錆びたゲージツ」としてご紹介した、赤錆アンカーであります。
見比べてみると被写界深度の違い、とてもよくわかりますね。
この不思議な遠近感が好きで、ついつい絞開放でぶっぱなしてしまうんであります♪

愛知県知多郡武豊町五号地にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Fujichrome Provia 100F (RDPIII)
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2012-12-13 17:00 | Rusty Scene | Comments(2)
Commented by いけみ at 2012-12-13 20:18 x
寂れた存在感、見事ですっ!
海底で活躍する物の末路ではありますけど
どし〜んとしていて、かっちょええ(^_^)
Commented by blackfacesheep at 2012-12-14 09:42
いけみさん、こんにちは。^^
そういや碇の仕事場は海の底なんですね。
普段は休んでるところしか見られないんですが、それでも立派な存在感なんであります♪
<< 2012年12月14日 うごめ... 2012年12月12日 晩秋の... >>