Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2013年1月1日 気の早い驢馬と綿羊
b0175964_9294091.jpg

みなさま、あけましておめでとうございます。
旧年中はこのへたれブログにご訪問いただき、本当にありがとうございました。
今年も大して代わり映えのしないへたれ写真を量産することになると思いますが、懲りずにどうぞご贔屓の程、よろしくお願い申し上げます。

さて今年は午年・・・じゃなかった、巳年ですねえ。^^;
さすがに蛇の写真は撮ってませんので、一年フライングして驢馬の写真を・・・あ、驢馬って馬じゃないんだっけ。^^;
私が子供の頃、「ロバのパン屋さん」という移動パン屋さんがやってきました・・・「ロバのおじさん、ちんからりん♪」ですね。
でも、今このエントリを書くために調べて見たら、あの車を牽いていたのはロバじゃなくて、もっと気性の優しい木曽馬だったらしいです。
う~ん、ロバだと信じてたんだけど、街場の子供に区別がつくはずはありません。^^;

b0175964_9295626.jpg

こっちはさらに気の早い羊さんなんであります・・・あと2年経ったら、もう一度出ておいで。^^;
観光牧場である愛知牧場には、馬・牛・羊・驢馬・山羊・うさぎ・ブタなど、いろんな動物がいて楽しいですね♪

さて、どちらの写真も、カラーネガ・フィルムで撮っているんですが、良い色が出てくれないのでグレースケール化してしまいました。
ネガ・フィルムだけあって、諧調は豊かなので、こういう対処が可能なんですね。

Fujicolor Pro 160 NS、発色が渋いのはいいんですが、時々色調が転ぶことがあるような気がします。
リアラ・エースだとこういうことはないんですが、160NSやKodak Ektarだと時々妙な色が出るときがあります・・・こういうもんなんでしょうか。
発色にこだわるなら、やはりポジを使え、っていうことなんでしょうね。

愛知県日進市 愛知牧場にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Fujicolor Pro 160NS (Corel Paint Shop Pro Photo X2にてグレースケール変換)
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-01-01 06:00 | Snap Shooting | Comments(6)
Commented by いけみ at 2013-01-01 16:18 x
おめでとうございます(^_^)
さすがにリアル蛇はムリですね。
動物園にでも行って、ちっこいかわいいのを撮るくらいかぁ(笑)
Commented by blackfacesheep at 2013-01-01 19:24
いけみさん、あけましておめでとうございます。^^
わはは、何でも無節操に撮る私ですが、リアル蛇はまだ未経験です・・・というか、蛇のいるところ知らないんですわ。^^
なるほど動物園か・・・名古屋の東山に行けば、でかいのがうにょうにょいるかもしれません・・・撮りに行かないだろな、12年後も。^^;
Commented by speedstar-dhy at 2013-01-01 21:23
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
今年も元日からほほえましい動物の表情が溢れていますね。
また素敵な作品を楽しみにしております(*^_^*)。
Commented by blackfacesheep at 2013-01-02 00:35
speedstar-dhyさん、あけましておめでとうございます。^^
干支の動物でも、撮り易いのと撮り難いのがあるみたいですね。
蛇はまだしもなんとかなりそうですが、辰は・・・あはは。^^
それでは今年もよろしくお願いいたします♪
Commented by amselchen at 2013-01-02 06:42
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
東欧とくにチェコはドイツ文化と親和性があるので見もだとおもいます。わたし自身も今年はぜひプラハへは行ってみたい、斯様に一年の計を建ててみたのであります。♪
Commented by blackfacesheep at 2013-01-02 11:52
アムゼルさん、あけましておめでとうございます♪
チェコ、いいですよねえ、2年前にも一応プランニングはしたんですが、ドイツに魅力的なところが多くて時間的に無理になりました。^^
そのうちプラハでオフ会なんて・・・あはは。^^;モラヴィアの残照こと、フレクサレットも欲しいかも~♪
<< 2013年1月2日 キャベツを... 2012年12月31日 冬畑の... >>