Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2013年1月29日 ミニチュア風味の牛フィギュア
b0175964_22311251.jpg

愛知牧場の前にある喫茶店、いつの頃からか、親子牛のフィギュアが置かれております。
ばけぺんの105mmでF2.4の絞り開放で撮れば、かなり浮き上がってミニチュア風味になるかな、と思ってやってみました。
ファインダーを覗いたときから、「おお、こりゃ豪快に深度が浅いな~♪」って感じでしたねえ。^^v

さて、本来はカラー・ネガで撮った写真ですが、発色がイマイチなので、グレースケール化してみました。
もともとが白黒の牛さんなので、別にどってことなく変換されましたねえ♪

愛知県日進市 愛知牧場にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Fujicolor Pro 160NS (Corel Paint Shop Pro Photo X2にてグレースケール変換)
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-01-29 06:00 | Japanese Landscapes | Comments(6)
Commented by canandaigua-ny at 2013-01-29 10:47
カラーネガだったのですね。全く違和感のない白黒になってます〜。
ホルスタインが白黒だと色が無くて可愛そう?と思いきや、
白黒の方が良いのかも、なんて思ってしまいますね。;)
Commented by blackfacesheep at 2013-01-29 20:58
Canさん、こんにちは。^^
あはは~、カラーでそのまま出しても印象があまり変わらんかもしれませんね。 ^^;
ただ、この160NS、青空がマゼンタに転ぶ傾向がありまして、修正するのが結構めんどくさい・・・なので、もうB&Wなんであります。^^v
Commented by speedstar-dhy at 2013-01-29 22:06
こんばんは。
まるほどミニチュアのようになってますね。
可愛らしい感じです(*^_^*)。
Commented by いけみ at 2013-01-30 01:31 x
乳牛ってのがまた、キュートですね♪
親子なんでしょうかね。
模様もそっくりです!
って、手抜きか?(笑)
Commented by blackfacesheep at 2013-01-30 23:04
speedstar-dhyさん、こんにちは。^^
中判ならではの被写界深度の浅さ、病み付きになりますね。^^
特にばけぺんは1/1000が使えるので、絞開放に向いてます♪
Commented by blackfacesheep at 2013-01-30 23:05
いけみさん、こんにちは。^^
そーそー、手抜きと思われてもしょうがないぐらい、模様がそっくりですね。^^;
ま、親子ならしょうがないか、って感じです、あはは。^^;
<< 2013年1月30日 真冬の赤... 2013年1月28日 疑惑のハンドル >>