Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2013年2月4日 中途半端に古い橋
b0175964_2346821.jpg

どこにでも見かけるようなごくごくありふれた橋なんであります。
明治以前にさかのぼるほどは古くなく、おそらく昭和の二十年前後ぐらいなんじゃないでしょうか・・・
でも、よくよく考えて見たら、もう第二次大戦が終わってから60年以上経ってるわけですよね・・・意外に古いのかもしれません。
何年経つと「アンティーク」と呼ばれ得るのか・・・これはそれぞれの製品ごとに違いますよね。
でも、昭和20年前後の自動車やカメラだったら、間違いなく珍品であります・・・でも、橋は違うんだろうなあ。^^;

愛知県みよし市にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-02-04 06:00 | Japanese Landscapes | Comments(2)
Commented by atsushi_63 at 2013-02-04 17:21
「中途半端に古い橋」
面白いタイトルですね。
古いものに心奪われてしまうのは何故でしょう?
考古学の大発見!なんていうモノも当時はごく普通に存在していたのですからね。
今現在、目の前にあるモノに注目しておくのも重要なのかもしれません。
普段使っている何気ないお茶碗とかも、千年ぐらい土の中に埋まっていると博物館行きだったりして(笑)
Commented by blackfacesheep at 2013-02-04 22:35
アツシさん、こんにちは。^^
古いものに惹かれるわけ・・・うむ~、真面目に考えると、今の効率重視・大量生産のものに対する反感かもしれません。
稚拙ですが人間の温もりの残るものに対して哀惜の念を覚えると言う・・・まあそんな感じがするんであります♪
<< 2013年2月5日 正月の粗大... 2013年2月3日 メンタマつ... >>