Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2013年2月15日 空樽の光と影
b0175964_10394143.jpg

この空樽、元は何を作るものだったんでしょう・・・ここはレストランの前ですから、やはりワインの空樽なんでしょうかね。
傘立てとして余生をゆっくりと過ごしているように見えました。

冬と言えども、日当たりの良い場所と日陰になってしまう場所はかなりコントラストがきつくなりますね。
そこをラチチュードの狭いリバーサルフィルムで撮るというのは、なかなか露出決定が難しいシチュエーションなんであります。
ばけぺんは原始的な平均測光なので、「光と影」が画面の中で半々になるように構図してやると、ほぼ適正露出になるようです。^^v

愛知県豊田市にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Pentax 67 165mm/F2.8
Fujichrome Provia 100F (RDPIII)
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-02-15 06:00 | Lights & Shadows | Comments(6)
Commented by aitoyuuki32 at 2013-02-15 12:25
樽の一生は人間並みです

平均15年くらいウイスキー熟成させるとすると
樽は修理しつつ4~5回くらい使いますから
人間の寿命とおなじくらいですね

なんか感慨深いものがあります(^_^)
Commented by 皐月の樹 at 2013-02-15 22:27 x
ワイン樽の傘立てなんて、おしゃれですね~!
お!こちらも165mm+Proviaの組み合わせですね!浮き上がるような立体感と、背景の滑らかさ、美しいですね~!
仰るように、この状況、露出難しそうです!それでもしっかり木陰の中の樽の木目を残されているのが、凄いです~!^o^/

実は今日、現像上がってきたフィルム2本あったのですが、20枚中8枚が死んでました>_<  真っ黒になってまして・・・。ちょっと原因が思い当たらないんですよね~。なんだかランダムに出てしまっていて。
同じところで、露出設定も変わらないで撮っているのに、片方は写っていて、もう片方は真っ黒だったりします。黒顔羊さんはこんなことございますか?>_<
Commented by blackfacesheep at 2013-02-15 23:49
愛と勇気さん、こんにちは。^^
お~、そうなんですか・・・樽って、そんなに繰り返して使われるものなんですね・・・知らなかった。^^
こういう樽は、もしワインの樽だとしたら、相当古いものなのかな・・・待てよ、コーヒー豆の樽ってこともありそうだなあ・・・^^;;;
Commented by blackfacesheep at 2013-02-15 23:53
皐月の樹さん、こんにちは。^^
最近、165mmが付けっぱなしになってるので、このレンズが映える被写体ばかり撮ってるような気がします。^^;
うむ、真っ黒になってましたか・・・未露光ですね、おそらく。
うちの初代ばけぺんも、5本取ると一枚ぐらい未露光が出たので、より新しいモデルを入手しました。
うちの初代ばけぺん、この症状は夏には起きません・・・寒い冬限定で発生しました。
どうやらフォーカルプレーンの潤滑がうまく行ってないんじゃないかな・・・
Commented by いけみ at 2013-02-16 00:16 x
なかなか良い案配のタルですね。
傘立ての余生をもらって、さぞ満足でしょう。
私の余生は何にしてもらおうか、にゃ?(笑)
Commented by blackfacesheep at 2013-02-16 00:23
いけみさん、こんにちは。^^
始めっからこういう用途に設計された樽だったりして・・・^^;
余生なのかまだ余生になってないのか、よくわからないところがある樽なんでありました。^^;
<< 2013年2月16日 疑惑の丸ポスト 2013年2月14日 冬枯れの... >>