Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2013年4月21日 川辺の桜
b0175964_0204735.jpg

桜の名所で咲く桜も艶やかで良いものですが、こういう田舎の川辺にひっそりと咲く桜の風情も良いですねえ♪
ネガからスキャンし、その後は例によってLightroom 4によって明るい暗室遊びなんであります。^^
ますはゴミ取りですね・・・ちょちょいと簡単に終了です。
次はプリセットで全体のトーンを整えます。
先日ダウンロードした"Glow - Vibrance"というプリセットで、少々ソフトフォーカスっぽい雰囲気を加えてみました。
これ、なかなか春っぽい雰囲気を出すには良いプリセットですね~。^^
さらにそこにスプリット・トーニング(明暗別色補正)で、ハイライトとシャドウにちょっと桜色を足してやりました。
ネオパン・アクロス、トーンが柔らかくて加工性に優れたフィルムですね♪

愛知県豊田市にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-04-21 06:00 | Seasonal Images | Comments(6)
Commented by 皐月の樹 at 2013-04-21 13:25 x
お~、この雰囲気いいですね~!のどかな桜の風景にぴったりですね~!これ、使ってみたくなります~!^^;
Glow-Vibranceというプリセットですね~。探してみま~す^o^/
それにスプリット・トーニングで色足し・・・フムフム、なるほど~^^;
いや~、勉強になります!^o^ ありがとうございます!

昨日、ちょっとバケペンで桜を撮ったのですが、曇りだったので多分いまいちかな~と。でも、この感じに仕上げれば、曇天でもいい感じになりそうな気がします・・・。あ、しまった!Proviaで撮ってました~^^;;;
Commented by canandaigua-ny at 2013-04-21 15:06
わ〜〜、凄い。
アナログなのかデジタルなのか。。笑
味のある一枚ですね。
Commented by blackfacesheep at 2013-04-21 22:15
皐月の樹さん、こんにちは。^^
このプリセット、結構有名らしいですよ、使ってる人は多いんじゃないかな?
このあたりのLightroomのテクニック、今翻訳中の写真本の受け売りです・・・とっても勉強になるんであります♪
Commented by blackfacesheep at 2013-04-21 22:16
Canさん、こんにちは。^^
うん~、こういうトーンにするにはアクロスみたいな軟調モノクロフィルムはぴったりだよね。
デジタルよりはるかに加工性がいいんであります♪
Commented by mos at 2013-04-21 23:27 x
こんばんは。桜の主張がよいですね〜。
私も Lightroom愛用者です。
アクロスは現像あがりが階調豊かに仕上がるので弄りやすいですよね。
Commented by blackfacesheep at 2013-04-21 23:58
mosさん、こんにちは。^^
Lightroom、フィルムでも重宝しますよね。^^
アクロスは粒状が目立たないので、フィルムっぽくない表現に向きますね♪
<< 2013年4月22日 孤独な井... 2013年4月20日 這い出る新緑 >>