Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2013年5月4日 硫酸瓶に咲く花
b0175964_00121.jpg

常滑で焼かれている陶器は土管と招き猫が有名ですが、実はこの硫酸瓶もやたらと目につきます。
劇薬を入れる容器ですから、ひたすらにコワモテなんですが、そこにこうやって花をあしらってしまうセンス、素晴らしいと思います。
しかもそれが色鮮やかな造花、と言うあたりがキッチュな魅力にあふれているのでありました♪

愛知県常滑市 やきもの散歩道にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 67 105mm/F2.4
Fujichrome Provia 100F (RDPIII)
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-05-04 06:00 | Rusty Scene | Comments(10)
Commented by 皐月の樹 at 2013-05-04 14:26 x
これは素敵なセンスですね~!彩り鮮やかです!こういう焼き物の廃棄品も、花を生ければ立派な花瓶ですね~。(^O^)
Commented by aitoyuuki32 at 2013-05-04 17:14
薬品を入れる容器とは、、、今までしりませんでした(x_x)
Commented by canandaigua-ny at 2013-05-04 17:52
硫酸瓶なのですね〜。
まさかそんなコワモテな物だったなんて。。
このように飾られていたら全く分からないです。
レトロチックで良い一枚ですね。
Commented by いけみ at 2013-05-04 18:53 x
私も知りませんでした。
てっきり
黒酢を作る瓶だとばかり‥
まぁ、酢酸だもの似たようなものカァ?
だはは(笑)
Commented by blackfacesheep at 2013-05-04 22:45
皐月の樹さん、こんにちは。^^
常滑のやきもの散歩道、一見地味なんですが、意外に華やかだったりして驚くときがあります♪
やはり陶器をつくっている作家さんたち、アーティストなんでしょうね。^^
Commented by blackfacesheep at 2013-05-04 22:46
愛と勇気さん、こんにちは。^^
いや、焼酎瓶にしちゃあごついな、と思って調べてみたのだよね。
そしたら、硫酸・・・驚いた~。^^;
Commented by blackfacesheep at 2013-05-04 22:47
Canさん、こんにちは。^^
そーなんですよ、結構このカタチ、全国的に硫酸瓶として流通してるみたいです。^^;
でも、今はもっと軽量でハイテクな素材で硫酸を保存してるでしょうね。^^
Commented by blackfacesheep at 2013-05-04 22:48
いけみさん、こんにちは。^^;
そーそー、お酢とか焼酎あたりと思ったんですが、それにしてはごつすぎる・・・^^;;;
酢酸、あれはかなり劇薬風味あるよね、匂いも凄いし。^^;
Commented by film-gasoline at 2013-05-04 23:30
硫酸瓶ですか・・・
なんだか恐ろしい瓶ですね(^^;)
そこにお花とは、私も素晴らしいセンスだと思いました♪
しかし、いい色合いです。
油絵のような厚みさえ感じますね〜(^^)
Commented by noblivion at 2013-05-04 23:41
film-gasolineさん、こんにちは。^^
名前は恐ろしげなんですが、見た目はレトロでかわいらしい瓶なのですよね♪
Provia RDPIIIって中庸な発色だけどポジっぽさも残っているフィルムですね、Velvia RVPみたいな人工的な記憶色とは違います。^^
<< 2013年5月5日 春を映すシ... 2013年5月3日 滲むムルチコーレ >>