Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2013年6月16日 鉄橋上の強面ボルト
b0175964_16205754.jpg

明治村の六郷鉄橋のボルトです。
見た感じ、かなりでかいです・・・直径20cmぐらいあるんじゃないでしょうか・・・どんなスパナで締めるんだろう。^^;
この鉄橋は、明治政府が英国人のボイル氏に設計してもらったものだそうですが、すこぶる頑丈だったらしいです。
かつての国鉄職員の話によると・・・
「......汽車が橋の上で脱線したことがあります。トラスの処では落ちずに、先のプレート・ガーダー(避溢橋部の構造名)の処で落ちたのです。理屈に合わない変な橋でしたが、英国流で兎に角頑丈な橋でした。」
・・・だそうです。^^;

いいなあ、そういう過剰品質の製品って・・・ロマンがあります。^^
でも今は効率が全て、そういう利益を生まない製品づくりをする会社は少数派になってしまいました・・・ビジネスですからね、しょうがないです。

愛知県犬山市明治村にて
Arsenal Kiev 88C
Arsenal Arsat C 80mm/F2.8
Ilford Pan F Plus 50
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-06-16 06:00 | Japanese Landscapes | Comments(12)
Commented by 皐月の樹 at 2013-06-16 08:38 x
ひゃ~、頑強な橋なんですね~!^o^
むやみにごついもの・・・仰るとおり、魅力たっぷりですね~!安全係数どれだけ見てるんだろう???と思わせるような・・・^^; 少々錆びていても、ま、大丈夫だろう!とさえ思ってしまいます^^; 

こういう強面な構造物、いつもどうやって建てたんだろう~?と思いを馳せてしまいます^^; 大河に掛かる橋、山の上の鉄塔など・・・、工場ではない現場でのものづくり、楽しいだろうな~^o^
Commented by いけみ at 2013-06-16 16:59 x
はい、すんごい大きな巨人が現れて
夜な夜な締めてくれるんでしょうか?
うにゃ(笑)
Commented by Ricky007 at 2013-06-16 17:25 x
頑丈!!いいことですよね。
まぁ頑丈すぎて、本来、壊れないところが壊れる的の話はありますが、なぜかちょっとコミカルですよね。
ボルトナットの写真...実はねらってたんだけどなぁ~
こうビシッと撮られると...構えざるを得ません(笑)
Commented by speedstar-dhy at 2013-06-16 21:58
こんばんは。
中判ならではの質感、素晴らしいです。
過剰品質、旧き良き時代の言葉になりつつあるのでしょうか。
Commented by 844-41 at 2013-06-16 22:00
有無を言わさない力強さと、その素晴らしい写真に、乾杯!!
海外の重量感たっぷりの鉄骨やボルトは、漢そのものな造りで、機能美だけでは語ることができない魅力がありますよね^^
Commented by film-gasoline at 2013-06-16 22:21
直径20cmですか!
どでかいボルト&ナットですね~(^^)
いったいどんな巨大スパナでどんな巨人が締めたのでしょう?
人力で締める訳ないですね^_^;
今回の震災では過剰品質に助けられました。
建築物の強度計算が正確に出来ない時代の建物は最近の建物より頑丈なんですね。
1974年製のうちの店、見た目はオンボロだけど倒壊しませんでしたよ(^^)
Commented by blackfacesheep at 2013-06-16 23:46
皐月の樹さん、こんにちは。^^
明治時代の建築物、安全係数って概念がなくて「目いっぱい頑丈に」って感じだったのかもしれません。^^;
工場ではない現場でのものづくり、並々ならぬ苦労があるんでしょうが、完成した時の達成感は素晴らしいものがあるんでしょうね~♪
Commented by blackfacesheep at 2013-06-16 23:47
いけみさん、こんにちは。^^
わははー、夜中になるとトトロが締める・・・ぎゅぎゅぎゅ~♪
宮崎センセにそういうアニメ、作って欲しいなあ。^^v
Commented by blackfacesheep at 2013-06-16 23:49
Rickyさん、こんにちは。^^
頑丈なもの、頑固なもの、商売としては問題ありでしょうが、ユーザー的にはありがたいですね。^^;
ボルトとナット、そこらじゅうにあるんですが、絵になるものをさがそうとすると難しい・・・いつも探してるんですけどね。^^;
Commented by blackfacesheep at 2013-06-16 23:50
speedstar-dhyさん、こんにちは。^^
これはF5.6ぐらいだと思いますが、緻密な雰囲気はさすが中判ですね、プリントしてみたくなります。^^
過剰品質、いまだにLeicaはかたくなに守り続けているように思いますよ♪
Commented by blackfacesheep at 2013-06-16 23:52
844-41さん、こんにちは。^^
そうですね~、特にアメリカの建築物のボルトや鉄骨、リベット、素晴らしく頑丈そうに見えて魅力的です。^^
ああいうのを見てしまうと、日本が前の戦争で負けたのは何の不思議もないと思えてくるんであります。^^;;;
Commented by blackfacesheep at 2013-06-16 23:54
film-gasolineさん、こんにちは。^^
昔の工業製品は、今なら想定外で済ますところを済ませない律義さがあったのかもしれませんね。^^
建築物、確かに昔に建てられたものは不必要に頑丈にできてるように思えますが、想定外のことが起きると俄然強みが出るんでしょうね♪
<< 2013年6月17日 皐月の光... 2013年6月15日 蒼空を支... >>