Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2013年6月18日 赤煉瓦と赤錆のマリアージュ
b0175964_22134815.jpg

赤煉瓦と赤錆、実によくお互いを引き立てあいますね。^^
ともに無機物でありながら、どこか温かみのある素材感なんであります。
これがコンクリと赤錆になると、ちょっと悲壮感が漂ってくるような気がします・・・あはは、偏見ですねえ。^^;

名古屋市西区則武 ノリタケの森にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Pentax 67 165mm/F2.8
Fujichrome Velvia 100F (RVP F)
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-06-18 06:00 | Rusty Scene | Comments(8)
Commented by Ricky007 at 2013-06-18 12:56 x
ハハ!なんとなくわかりますね。その感じ。
コンクリだと打ち捨てられている感じがしますが、レンガには現役感があります。人との接点を残している感じっていえばいいのかなぁ~?
赤錆には変わりないのに、不思議なんもんです。
Commented by blackfacesheep at 2013-06-18 21:24
Rickyさん、こんにちは。^^
やはり錆系がお好きな方には、この比喩でわかっていただけるみたいですね、赤煉瓦とコンクリの違い。^^v
なので、ハードボイルドに撮りたいときにはコンクリと赤錆のコラボを探しているんであります♪
Commented by film-gasoline at 2013-06-18 22:05
コンクリと赤錆の悲壮感・・・
分かります、わかります。
朽ちたコンクリに赤錆色が染みたものなど、なんとなく痛みに似たようなものを感じますね(^^)
不思議なもんです。
Commented by blackfacesheep at 2013-06-18 23:05
film-gasolineさん、こんにちは。^^
そうなんですよね~、クラックの入ったどす黒いコンクリに赤錆なんて、哀愁そのものです。^^;
赤煉瓦はもっとのどかで平和な印象ですね。^^;
Commented by 皐月の樹 at 2013-06-18 23:25 x
お~、これはあの、ノリタケの森の赤レンガのガス窯ですね~。
こういう視点、新鮮ですねー!
もうバケペンをレンガの壁にくっつけて撮られたんでしょうか?
ん~、中判でのこういう切取、見たことの無い世界が出てきますね~!
Commented by blackfacesheep at 2013-06-19 00:15
皐月の樹さん、こんにちは。^^
これは先日ご紹介した窯とはまた別の場所にある窯なんですよ、これはこれでフォトジェニックなんであります。^^v
ばけぺんの165㎜、あまり寄れませんが、近接で使うとボケが豪快で楽しいですね♪
Commented by 844-41 at 2013-06-19 01:05
赤煉瓦と赤錆 vs. コンクリと錆…
確かに温かみ vs. 冷たい哀愁な印象の差があると思います。
しかし、なんともまぁ、これぞ67のF2.4!!って超ど級の解放写真が、気持ちいいです☆
Commented by いけみ at 2013-06-19 03:11 x
レンガには確かに暖かみがありますねぇ。
なんでだろ?
花壇とかレンガで作ると感じが良いし(^_^)
<< 2013年6月19日 今日の撮... 2013年6月17日 皐月の光... >>