Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2013年7月8日 疑惑の暖簾
b0175964_21322644.jpg

桜の木の幹に渡された竹竿、そしてそこに掛けられた絞の暖簾・・・どうしてこんなところに。^^;
豊田市民芸館の茶室「勘桜亭」で見かけたものです。
このシュールな存在感、”超芸術トマソン"として認定されてもおかしくない雰囲気でした。

Velvia RVPF、シャドウがきつく出る光線状況で使うと赤味が強すぎて疲れますが、曇りの日に使うとその発色の良さがプラスに働きますね。
こういう光線状況の時に使うのがふさわしいフィルムなのかも・・・ちょっと勉強になりました。^^;

愛知県豊田市平戸橋町波岩86-100 豊田市民芸館にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Fujichrome Velvia 100F (RVP F)
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-07-08 06:00 | Seasonal Images | Comments(18)
Commented by canandaigua-ny at 2013-07-08 10:22
私は好きです、この空間にこの暖簾! ;)
Commented by Ricky007 at 2013-07-08 15:18 x
はぁ~笑えますね!
しかし、涼しげとえば涼しげ...浮かびあがる暖簾をくぐって生ビールをいっぱいやりたいところです。
Commented by film-gasoline at 2013-07-08 20:01
なんだこりゃ〜!
これはシュールすぎますね(^^;)
それにバケペンの描写と相まって不自然さが際立ってます(^^;)
まさか疑惑って・・・
「あの黒顔羊氏にヤラセ疑惑?!」ですか?(^^)
"超芸術トマソン"?
よくそういうのご存知ですね!
ますます尊敬してしまいますv(^_^)

Commented by 皐月の樹 at 2013-07-08 20:17 x
ほ~、これはおしゃれですね~!
ココは、料亭か何かのへの入り口でしょうか?
この暖簾、なんだか意味があるように思います~。
あくまで私の勝手な想像ですが・・・^^;;;

石畳が見えますので、人はここを通るのかな~・・・と。
そのすぐ左脇に樹が植わっていて、枝が丁度頭に当たりそうな位置に伸びているように思うんです。なので、ちょっと頭をかしげて欲しかったのではないでしょうか?
日本人であれば、暖簾はくぐるもの・・・?
暖簾を掛けておけば、自然と人は頭を下げて通るのかな~・・・と^^;

ちょっと心憎い演出と申しますか・・・日本人らしい心温まる気遣いですね~。
でも、ちょっと突拍子も無い様子なので、暖簾をくぐる前に悩んでしまいそうですね~^^;;;
Commented by golden_giraffe at 2013-07-08 21:24
僕もこういうの好きです!
Commented by いけみ at 2013-07-08 21:43 x
何かの撮影でもあったのかしらん??(@_@)
Commented by blackfacesheep at 2013-07-08 22:30
Canさん、こんにちは。^^
そー、なんとなく惹かれるんだよね、この不思議な空間。^^
暖簾の下を通ったら、異次元に行きそうで面白かったです♪
Commented by blackfacesheep at 2013-07-08 22:32
Rickyさん、こんにちは。^^
そう、おそらく意図的に涼を造り出すために、ここに暖簾をかけたんでしょうねえ♪
画面右手は川面なので、時々風が吹いてゆらゆらと揺れておりました。^^v
Commented by blackfacesheep at 2013-07-08 22:34
film-gasolineさん、こんにちは。^^
何気なく見ていると見過ごしますが、違和感めちゃんこあります・・・私のヤラセ疑惑ですか?それはもう確信犯級であります♪
"超芸術トマソン"、フィルム時代の末期に流行った路上観察から出てきた言葉で、当時私もよく変なもの撮ってました。^^v
Commented by blackfacesheep at 2013-07-08 22:40
皐月の樹さん、こんにちは。^^
SFの世界だと、こういうのは超空間ワープのスターゲートになっていて、暖簾の向こうは白鳥座61番星だったりするんであります。^^
ホラーの世界だと、きっと結界になっていって、ここから先は入っちゃいけない、入ると物の怪になるとか、って話なんでしょうね。^^;
Commented by blackfacesheep at 2013-07-08 22:41
金の麒麟さん、こんにちは。^^
あはは、写真を趣味にしている人なら、きっと撮るよね~♪
カメラ持ってたら、絶対に。^^v
Commented by blackfacesheep at 2013-07-08 22:42
いけみさん、こんにちは。^^
撮影が行われるような、素晴らしい場所でもないんですよね。^^;
再訪して、聞いてみようかしらん♪
Commented by speedstar-dhy at 2013-07-08 23:12
こんばんは。
いいですねえ。この雰囲気。
やっぱりリバーサルの色がいっそう魅力を増しているように感じます。フィルムはいいですねえ。
Commented by 844-41 at 2013-07-08 23:18
曇りの日の低めの光量で、Velviaの濃さを中和するんですね~!
青の布地がVelviaらしからぬ(?)さわやかさで、気持ちいいです。
曇りの日の撮影は、どうにも苦手だったのですが、こんな楽しみ方があるって、
とても良いヒントをいただきました!
Commented by blackfacesheep at 2013-07-08 23:30
speedstar-dhyさん、こんにちは。^^
これをネガカラーで撮ったら、もう少し粘度のある発色になったかもしれませんね。
リバーサルはシャープでカリンとしたイメージになるのが大好きです♪
Commented by blackfacesheep at 2013-07-08 23:31
844-41さん、こんにちは。^^
私もお日様が出てないと、「ちっ、今日は撮影する気力がおきんわ~」とか言ってたんですが、RVPFは真逆ですね。^^;
「お~、こういうはっきりせん天気はRVPFにぴったり~」と思ってしまいますもん。^^v
Commented by Matsumoto at 2013-07-09 01:54 x
暖簾なんですか~『すててこ』かと思いました(笑)

やはりフイルムは、木の質感を自然に出せて素敵ですね(^^v

やっぱりフイルム好きです♪
Commented by blackfacesheep at 2013-07-09 23:33
Matsumotoさん、こんにちは。^^
だはは~、すててこ・・・見えんことないですね。^^;
デジタルにはデジタルの良さがありますが、フィルムにしか出せない味もありますよね♪
<< 2013年7月9日 灼熱のスパイラル 2013年7月7日 夏雲を眺め... >>