Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2013年10月9日 初秋の影をたたえた美術館
b0175964_21504142.jpg

もはや夏ではない、と言う感じのソフトな影が落ちている先は・・・黒川紀章氏設計になる名古屋市美術館です。
直線基調のモダンな線で構成された建築に落ちる葉の影、その有機的なカタチがどことな~くアートしているように見えるんであります♪

名古屋市中区栄2丁目17-1 白川公園内 名古屋市美術館にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-10-09 06:00 | Lights & Shadows | Comments(12)
Commented by Ricky007 at 2013-10-09 12:10 x
冷黒調の現像と無機質なコンクリートがマッチしてますねぇ~
それにしても黒川先生はいったい何棟の建物を設計したんでしょうねぇ~!まさに日本を代表する建築家です(笑)
Commented by filmfun at 2013-10-09 17:14
同じローライで撮ったと思えない程モダンな作品ですネ~!
Commented by 皐月の樹 at 2013-10-09 21:24 x
お~、先日ご紹介いただいた、美術館ですね~!
やっぱり光と影はB&Wに限りますね!
秋の少し柔らかな感じの影が、ネオパンで見事に描かれておりますね~!このフィルムも、やっぱりハンパ無いんでございます。
Commented by film-gasoline at 2013-10-09 21:28
樹木の陰がまるで影絵のように美しい!
いつものようにお見事な切り取りに脱帽です。
そして、黒川紀章氏にも・・・^ ^
Commented by blackfacesheep at 2013-10-09 21:39
Rickyさん、こんにちは。^^
これ、Lightroomのサイアノですね、最近、結構気に入っているプリセットなんであります♪
愛知県は黒川先生の出身地なので、結構公共物の建築が多いんですよ、名古屋市にも田舎にも。^^
Commented by blackfacesheep at 2013-10-09 21:40
filmfunさん、こんにちは。^^
あはは~、このサイアノタイプという仕上げも、モダンに見える理由かもしれませんね。^^
でも、レトロっぽいものだと、クリーム調とかアンティークなどで仕上げますよ。
Commented by blackfacesheep at 2013-10-09 21:41
皐月の樹さん、こんにちは。^^
そーそー、光と影に特化したいときには、ストイックにB&Wフィルムが一番なんであります。^^
Neopan 100 Acros、値段も安いし、階調豊かで微粒子、一番使いやすいフィルムですね。^^^v
Commented by blackfacesheep at 2013-10-09 21:43
film-gasolineさん、こんにちは。^^
こういうアングルで絞って撮るときは、たいてい正像のスポーツファインダーでフレーミングしますね。^^
黒川紀章氏の作品って、色のないB&Wで撮ると、そのラインの端正さが一段と活きるような気がします♪
Commented by speedstar-dhy at 2013-10-09 22:44
こんばんは。
建物と影の組み合わせが絶妙ですね。
色味も素敵です。
Commented by blackfacesheep at 2013-10-09 23:34
speedstar-dhyさん、こんにちは。^^
こういうモダンな建物だったので、色もちょっとクールなサイアノタイプ仕上げにしてみました。
影は大好きな被写体で、年がら年中追いかけてます♪
Commented by いけみ at 2013-10-10 21:19 x
ああキレイですね♪
それにしても今週の暑さはいったい?(@_@)
秋って何?と思います(笑)
Commented by blackfacesheep at 2013-10-10 22:51
いけみさん、こんにちは。^^
ほんと、10月中旬に30度を超えると怒れてきますよねえ。^^;
なかなか衣替えをする気になれませんわ・・・^^;
<< 2013年10月10日 錆びな... 2013年10月8日 My F... >>