Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2014年1月20日 真冬の豊田スタジアム
b0175964_22371645.jpg

例によって「真四角着色モノトーン」写真なんであります。
今回は真冬の枝を落とした樹木の雰囲気を活かすために、グリーン着色をやってみました・・・うむ、こりゃ新鮮かも。^^;

JAZZのアルバムジャケット、ブルー系やセピア系はやたらと多いんですが、グリーン系って、ほとんどないんですよね。
あるとしても、写真をグリーンにティントしたものではなく、デザインでグリーンを際立たせたものが多いような気がします。
緑色のジャケットで思い浮かべるのは、Mal Waldronの”Left Alone"とか、Tommy Flanaganの"Overseas"とか、Miles Davisの"Bag's Groove"あたりかな。

唯一、緑色に染めたアルバムで思い当たるのは、ベーシスト水橋孝さんのリーダー作、"When A Man Loves A Woman"です。
大友義雄さんの泣きまくるアルトがツボでした♪


愛知県豊田市 豊田大橋にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros with Fuji Microfine (Stock, 10 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom
[PR]
by noblivion | 2014-01-20 06:00 | Seasonal Images | Comments(10)
Commented by ricky070 at 2014-01-20 15:13 x
緑かぁ~
なるほどねぇ~
あたしも青系ではやって見てます。
あと赤はためそうかと。
Commented by 皐月の樹 at 2014-01-20 20:35 x
おお~!確かにこれは新鮮です!
とても爽やかなイメージですね~!
でも、木の佇まいはしっかりと冬の枯木立・・・このギャップが楽しいですね~!^o^/
これ、インパクトありますし!レコードのジャケットにぴったりですね~!


Commented by film-gasoline at 2014-01-20 22:36
シェーーー!!
これは凄いざんす!!
モノトーン?(笑)
そうは見えないから不思議ですね^^
無機質で尖った建築物と樹木のコントラストが素晴らしいです。
こんなレコードジャケット見たら、間違いなくジャケ買いしてしまいます^^;
Commented by blackfacesheep at 2014-01-20 22:58
Rickyさん、こんにちは。^^
そーそー、青系が一番モノクローム写真にはなじみが良い気がします。
赤系は・・・結構くどくしあがりますが、それはそれで良い味わいですよ♪
Commented by blackfacesheep at 2014-01-20 22:59
皐月の樹さん、こんにちは。^^
樹だから、緑にしよう・・・という安易な気持ちでやってみましたが、やはり相性が良いみたいですね、緑。^^
そーそー、左上に文字を入れてやれば、レコジャケにできるんであります・・・やっぱりこのストイックさだとJAZZかな。^^;
Commented by blackfacesheep at 2014-01-20 23:01
フィルガソさん、こんにちは。^^
なはは、イヤミ氏的な驚きの表現、徹底してますねえ・・・とってもうれしいのだ~♪
そう、着色してみると、単色の写真なんですが、そうは見えなくなるのが不思議なんであります・・・やはり色の存在、凄いんですね。^^
Commented by いけみ at 2014-01-20 23:03 x
スゴイ、とてもシュール!
スマホのアプリでもこれはないなぁ(@^▽^@)
Commented by leica36 at 2014-01-20 23:48
いや〜、攻めましたね〜。緑色とは、中々踏み込めない領域ですね〜。
意図も簡単に踏み込む黒顔羊さんの度胸、さすがです!
Neopanも緑色になるとは思いもしなかったかもしれませんね 笑
Commented by blackfacesheep at 2014-01-21 21:59
いけみさん、こんにちは。^^
そー、とってもシュールな雰囲気になりました。^^
そっかあ、スマホに勝ったぞ~、うれし~♪
Commented by blackfacesheep at 2014-01-21 22:01
leica36さん、こんにちは。^^
なはは、緑、本当にティントした作品って少ないです・・・
でも、不思議な魅力に溢れたシュールさがたまりません・・・またやるかも。^^;
<< 2014年1月21日 ストイッ... 2014年1月19日 北風に耐える蔦 >>