Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2014年1月28日 突き抜ける槍
b0175964_23402044.jpg

トヨタスタジアムの大屋根を貫く柱、いつ見てもどきどきしますねえ。^^
鋭い槍が、屋根から飛び出しているように見えるんであります・・・
さすが巨匠、黒川紀章氏・・・ユニークなデザインの冴えなんであります。
なにしろ、普通は黒子に徹する大屋根の裏側もまで、丁寧にデザインされているんであります。
どこから見ても絵になる、素敵な建物なんであります~♪

愛知県豊田市 豊田スタジアムにて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros with Fuji Microfine (Stock, 10 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom
[PR]
by noblivion | 2014-01-28 06:00 | Japanese Landscapes | Comments(8)
Commented by Ricky007 at 2014-01-28 12:18 x
今は比較的簡単に3DCADを使える環境がありますが、ひと昔前というかちょっと前までは、こういう複雑な鉄骨の組み合わせを設計するって想像するのも嫌なくらい大変だったとおもうんですよねぇ~。
まぁ~いずれにしても緻密に設計された構造物ってのは、写欲をそそりますよねぇ~(笑)
Commented by 皐月の樹 at 2014-01-28 22:11 x
おお~!これも黒川氏の作品ですね~!
存在感抜群ですね~!感性に訴えかけるデザインですよね~!
天をも突き刺すような勢いと、力強さを感じますね~!
これを見上げながらスタジアムに入れば、アドレナリン出まくるだろうな~^^; 
Commented by film-gasoline at 2014-01-28 22:25
大屋根を貫く柱がカッチョイイ~♪
ほんと、これは柱というより槍ですね^^
屋根裏のトラス構造もCOOLで堪らんです。
これは後世まで残る芸術作品ですね。
そうそう、現像がきれいですね^^
↓ 現像液の件、ありがとうございました(^^)v
Commented by blackfacesheep at 2014-01-28 23:18
Rickyさん、こんにちは。^^
ほんとほんと、3DCADが普及するまでは、どうやって複雑な計算をしていたのか、気が遠くなりますね。^^;
でかい建物ってのは、立っているその佇まいだけで圧倒されます、つい撮ってしまいますわねえ♪
Commented by blackfacesheep at 2014-01-28 23:19
皐月の樹さん、こんにちは。^^
はい~、豊田のこの地区、黒川アートが贅沢にも2つもありますねえ、豊田大橋と豊田スタジアム♪
よくぞこんな有機的なデザインを思いつくもんだと・・・さすが天才はやることが違うんであります。^^v
Commented by blackfacesheep at 2014-01-28 23:21
フィルガソさん、こんにちは。^^
おそらく強度を支えるためにこういう支柱が必要なんだと思いますが、それを屋根をぶち抜く槍にデザインするあたりが非凡です♪
現像液、結構長持するみたいですね、今日も5本目のT-MAXを現像しましたが、時間を1分伸ばせば御の字でした♪
Commented by いけみ at 2014-01-29 01:02 x
ほーキレイですね♪
ほんと美しいと思います(^_^)
Commented by blackfacesheep at 2014-01-29 21:31
いけみさん、こんにちは。^^
モダンな建築って無駄がないんですよね~。^^
スタイル抜群なんであります♪
<< 2014年1月29日 冬枯の農... 2014年1月27日 人待ち顔... >>