Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2014年1月30日 冬陽に輝く樹
b0175964_2114430.jpg

これ、どうやら引っこ抜かれた木の株のようでした。
邪魔になった木にロープでもひっかけて、トラクターで引っこ抜いた、って感じでした。
ある意味、無残な光景ではあるんでしょうが、樹皮にあたる冬日のテクスチャが美しく、つい撮ってしまいました。
樹と言うのは凄い存在感がありますねえ・・・こういう状況になっても威厳を保っているのに驚嘆します。

さて、Kodak T-MAX 100もこれで5本目の現像となりました。
現像液は純正の"T-MAX Developer"ですが、5回目の今回から現像時間を1分増やし、8分30秒の現像を行いました。

Kodakのデータシートによれば、1:4に水で希釈した使用液で、12本のブローニーフィルムが現像できるようです。
とは言うものの、だんだん現像液が疲労してくるので、徐々に現像時間を延ばしてやる必要があります。
最初の4本は7分30秒、次の4本は8分30秒、最後の4本は9分30秒だそうです。

現像液、使いまわさずに、希釈度を高めた現像液を使って現像し、そのつど廃棄する、って言うやり方もありますね。
どちらが良いのか、まだ経験値が少なすぎて、ま~ったくわかりません。^^;

いずれにせよKodak T-MAX、ラボにに出すと現像代が高くて大変でしたが、自家現像すると極めて経済的です。
1バッチで12本の120フィルムが現像できれば、一本あたり50円程度で現像できる計算ですもんね♪

愛知県日進市 愛知牧場にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Kodak Professional T-MAX 100 with T-MAX Developer (1:4, 8.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.3
[PR]
by noblivion | 2014-01-30 06:00 | Lights & Shadows | Comments(10)
Commented by leica36 at 2014-01-30 07:04
おはようございます!木の株って光の当たり具合で見せる表情が違って、良いですよね〜。
夏の光と冬の光では違った印象を受けるきがします。
T-MAX Developerのレポートありがとうございます!
私も買ったのでどのぐらい疲労するかとか、気になっていたんですよね〜!
自家現像は経済的で良いですね!しかも、その時間も写真に触れている感覚があってたまらないです!
Commented by Ricky007 at 2014-01-30 11:30 x
希釈度を高めて都度、捨てるってのに、低温静止現像はむいてますよ。
ミクロファインですが、1/4に希釈して現像するので、一回で捨ててみてます。これまで4回の使いまわしをしていたので、経済的には同じです。

この樹...なにかエネルギーにあふれてますね!
この手のつかみ所のない被写体は、なかなかうまく撮れないんですよ(涙)
Commented by 皐月の樹 at 2014-01-30 20:53 x
おお~!これは迫力満点ですね~!
木は、命を失ってもその力強さを感じますよね~!
古~い木造建築の、柱や梁にさえ生命力を感じます!^o^/

なるほど~!5回目からプラス1分ですね~!
勉強になります!
私、ミクロファインがブローニー3本、135判1本処理しました。次は少し現像時間を延ばしたほうが良さそうですね~!
今は、T-MAXが入っておりますので、まずはD76かな~?^^;
Commented by いけみ at 2014-01-30 21:20 x
あーたまに見かけますね、引っこ抜かれた
巨木の根っこの放置プレイ♪
田舎の方に行くと増えるような気がします(^_^)
Commented by blackfacesheep at 2014-01-30 21:46
leica36さん、こんにちは。^^
そうですね~、冬の光には、夏の光にはない優しさがあって大好きなんであります。^^v
T-MAX Developer、5本目ですがまだまだ大丈夫のようですね、Kodakが言うように本当に12本できるか、実験中です♪
Commented by blackfacesheep at 2014-01-30 21:47
Rickyさん、こんにちは。^^
おお、低音静止現像葉1/4希釈ですか・・・いつも新液と言うのは、なんとなく気持ちが良いかも♪
この木、ちょっと前からアイボクに転がっておりまして、いつか撮ってやろうと狙っておりました。^^v
Commented by blackfacesheep at 2014-01-30 21:50
皐月の樹さん、こんにちは。^^
そーそー、樹ってイキモノですよねえ、こうやって倒されてしまってからも、材木になってからも、威厳を保ってますもん♪
ミクロファインはデータシートによれば5本目は12分となっておりました・・・T-MAX、D76より専用のT-MAX Developerが良いらしいですよ。
Commented by blackfacesheep at 2014-01-30 21:51
いけみさん、こんにちは。^^
あはは~、そーそー、田舎に行くと、引っこ抜かれた巨木、放置されてますよね。
ときどきチェーンソーで挽いて、薪にしているのも見ますねえ・・・都会じゃ危なくてやってられないでしょうねえ。^^
Commented by film-gasoline at 2014-01-30 22:22
ひょえ~~~!
この引っこ抜かれた木の株、すごい迫力ですね~^^
後ろの木がそれを見て「俺たちもいずれはああなるのかな~」と怯えているようです(笑)
さて、現像液の再使用についての解説、誠にありがとうございます。
私は欧州車の整備ばかりやっているので、データシートを信用する事が出来なくなっているんですね^^;
必ず臨床実験の結果を確かめたくなるんです(笑)
なので、こういうお話はとてもありがたいのであります(^^)v
Commented by blackfacesheep at 2014-01-30 23:10
フィルガソさん、こんにちは。^^
あはは~、後ろの木立、実は怯えているのではなくて、かんどーしているのですよ、この立派な根っこを見て♪
なるほど・・・欧州車のデータシートって、かな~り怪しいものなんですね・・・フィルムは欧州モノでも信用できるような気がします♪
<< 2014年1月31日 地中より... 2014年1月29日 冬枯の農... >>