Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2014年2月3日 初冬の陶土工場
b0175964_1824819.jpg

陶器の町、瀬戸市では、こういう陶土工場と言うか砕石工場と言うか・・・の工場をよく見かけます。
いまだに陶器づくりのために良い陶土を算出する場所だからこそ、古くから陶器づくりの伝統があるんでしょうね。
その古さ、半端じゃありません・・・なんせ、今年が800周年だそうです。
陶祖藤四郎の生誕800年を記念して、その偉業を広く紹介しさまざまな800周年の行事が準備されているようで、楽しみなんであります♪

愛知県瀬戸市にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Kodak Professional T-MAX 100 with T-MAX Developer (1:4, 7.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.3
[PR]
by noblivion | 2014-02-03 06:00 | Rusty Scene | Comments(10)
Commented by swingphoto at 2014-02-03 08:39
800年、掘っても土はなくならないんですね。すごいことです。
Commented by ricky007 at 2014-02-03 15:54 x
陶器系の工場なんですね!
ここまで正面に回れるのはいいですねぇ~
ここいらのセメント関係の工場を回ってみてますが、なかなかよい撮影ポイントがありません。。。
今後も探索を続けま~す!!
Commented by film-gasoline at 2014-02-03 18:04
陶土工場でしたか〜。
なるほど陶器もまずは原材料をこういうところから採取して始まるんですね。
急に興味が沸いてきました^^
このポストプロセスのトーン素晴らしいですね。
これは有田焼のような陶器の色をイメージしたのでしょうか?^^
Commented by leica36 at 2014-02-03 20:57
陶土工場は初めて見ました〜。
何か、この色合は歴史を感じるトーンですね!
空のグラデーションも見事で、陶器のような深い色合いがイメージされますね!格好いいです!
Commented by 皐月の樹 at 2014-02-03 21:58 x
800年ですか~!@o@
さすが瀬戸なんでございます!
日本の陶磁器の代名詞ですからね~!
瀬戸は、良質な陶土が取れることで有名ですからね~。
そもそも、良質な材料があるから、そこに陶磁器産業が発展した・・・分けですしね~^^;
陶土と言っても、各地で成分が異なりまして、そのためにそれぞれの土地で職人さんが独自のノウハウを積み上げ、窯を起こし、今に至る・・・ので、その土地の材料を他の地方の窯に持っていっても、同じようには焼けないんですよね~^^;
現代の技術を持ってしても、まだまだその陶土の再現は出来ません。あくまで、「近いもの」しかできないんですね~。
800年の歳月を経て積み上げられた技術の一端を見ると、その深さに驚かされます~!この砕石工場もまた、その一つなんだな~と感動しております~!^o^/
Commented by blackfacesheep at 2014-02-03 22:35
swingphotoさん、こんにちは。^^
そうですねえ、まだまだ陶土はなくならないようですよ。
その代わり、瀬戸の奥地はグランドキャニオンみたいになってますけどね。^^;;;
Commented by blackfacesheep at 2014-02-03 22:36
Rickyさん、こんにちは。^^
ここ、道路から覗いたところなんですよ、つまり公道から撮れてしまうんであります♪
安全基準が厳しいところなら、ゲートがあるはずなんですが・・・でも、おかげで助かりました。^^v
Commented by blackfacesheep at 2014-02-03 22:38
フィルガソさん、こんにちは。^^
お~、陶器の色と感じていただきましたか~、素晴らしい直感なんであります~♪
そうなんですよ、有田焼を含め、染付の「青」をイメージしてみたんですね、理解していただきありがとうございます。^^v
Commented by blackfacesheep at 2014-02-03 22:40
leica36さん、こんにちは。^^
そーそー、伊万里焼に代表される染付の青をイメージして、クラシックな雰囲気にしてみたかったんであります♪
これ、お天気が良い日だったのでこういうポストプロセスにしましたが、どよ~んとした曇りだったら、もっと過激に仕上げただろうなあ。^^;
Commented by blackfacesheep at 2014-02-03 22:42
皐月の樹さん、こんにちは。^^
「瀬戸物」と言う言葉の語源となった場所だけに、歴史はやたらめたら古いんですよね~♪
そのせいか、工場の佇まいや町の雰囲気にも歴史を感じさせるものが多く、次回愛知合宿をする際には、ぜひお連れしたい場所です。^^v
<< 2014年2月4日 色褪せた琺瑯看板 2014年2月2日 暖冬の朝の... >>