Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2014年3月6日 パラレルワールドな韓国の家
b0175964_205643.jpg

リトルワールドにある「韓国の地主の家」の入口であります。
慶尚北道の山村に建てられていた、かつての地主、両班(やんばん)の家なんだそうです。
両班とは李朝朝鮮の指導層で、儒教を信奉し文武両道に通じた者という意味で、両班という言葉を使ったんだそうです。

今の韓国では漢字はほとんど見かけなくなりましたが、両班の時代にはまだ漢字は多用されていたようです。
日本と韓国、どちらの文化も中国文化の影響を強く受けており、こういう民家の意匠もよく似ています。
でも、よく見ると・・・あまり似ていなかったりする・・・とっても微妙なんであります。
なんとなくパラレルワールドにやってきたって気分に陥りますね。^^

愛知県犬山市大字今井字成沢90−48 野外民族博物館 リトルワールドにて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Kodak Professional T-MAX 100 with Ilford Perceptol (Stock, 13 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.3
[PR]
by noblivion | 2014-03-06 06:00 | Japanese Landscapes | Comments(7)
Commented by Ricky007 at 2014-03-06 13:40 x
ここは、ほんとに色んな国の建物があるんですね。面白い!!
それに、朝鮮と日本の文化の違い...勉強すればするほど面白いものがあります。
日本は、早くからひらがなとカタカナを使いましたが、朝鮮はハングルは作ったものの、両班などの支配階層はハングルを蔑み、漢字をずっと使っていたそうです。
似て非なるもの...中国と朝鮮、日本ほどよくあてはまる事例はないような気がします。
この建物も日本風にも見えますが、おっしゃる通り、何かが違う...こういう違いを研究することで、相手の国のことがわかるようになり...翻って、自分の国を知ることにもつながる...やはり!面白い!
Commented by film-gasoline at 2014-03-06 22:04
パラレルワールド、魅力的な言葉です^^
もうタイトルで写真に魔法がかかってしまいました。
なるほど、よーく見ると似てるようで似てない・・・
日本製より粗悪と感じるのは、先入観が邪魔してるからでしょうか?(笑)
もちろんですが、写真は一級品です^^
Commented by blackfacesheep at 2014-03-06 22:54
Rickyさん、こんにちは。^^
そーそー、ハングルが普及したのは日韓併合した際に日本がその普及に努めたからで、韓国の識字率はあれで大きく改善したそうですね。
アジア系以外の国の人々には、北東アジアの国々の違いってよく判らないようですが、日本だけは違う、って言う人が多いですね。^^;
Commented by blackfacesheep at 2014-03-06 22:57
フィルガソさん、こんにちは。^^
あはは、似ているようでかなり違います・・・文化も住んでいる人たちの考え方も。^^;
欧米での日本車と韓国車に対する評価も、それとよく似ていますよね・・・異様に壊れにくい日本車と異様に壊れやすい韓国車。^^;;;
Commented by 皐月の樹 at 2014-03-07 22:26 x
ナハハハ、やんばんの館ですか~!
まさにその通りですよね~!
まさに両国間の物理的な距離と、心理的な距離を表しているかのような差なんでございます!^o^/
この建物を見て、日本人ならば、かならず違和感を感じますね^^;
瓦一枚を見比べてみても、その大きさの不ぞろいさ、並べ方、線の出し方・・・違いますね~。
まさにパラレルワールド・・・。決して交わることはないですね~^^;;;
Commented by blackfacesheep at 2014-03-07 23:20
皐月の樹さん、こんにちは。^^
似ているからこそ、違いが際立つ・・・そんな感じなのかもしれませんね。^^;
欧州でもドイツとフランスと英国、それぞれ似ているようでびみょ~に違います・・・やはりあれもパラレルワールドなのかも。^^
Commented by gucci at 2014-03-10 20:55 x
むぅ!面白い建物ですね〜
屋根が湾曲した感じは、中国の影響だと思いますが、南国琉球っぽくもなく、何となく派手さは無く、質素な感じを受けます。

良く、呑みながらRickyさんと、韓国、中国、日本の文化について話しますが、似てるけど違うんですよね〜
ベトナム人は、すぐに日本人が見分けられるそうですが、見分け方は、買い物の後に、お礼をしてくる事と、食事の前と後に必ず呪文を唱えるからだそうですw
<< 2014年3月7日 春を待つ風車 2014年3月5日 異教的に装... >>