Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2014年3月21日 牛模様なDavid Brown
b0175964_21324656.jpg

この古めかしいトラクターは、愛知牧場所蔵のトラクター、David Brownなんであります。
すでにデジタル写真ブログでもご紹介しているように由緒正しき大英帝国製の虎でして、小柄なサイズから判断すると、Model 770でしょうか・・・

このDB、かつては観光用観の覧車を牽引していたトラクターです。
アイボクは観光牧場なので、アトラクションのために牛模様にペイントしたんでしょうね。
ちなみに、現行の観覧車を牽引しているのは、普通の青いFORDのトラクターなんであります・・・牛模様に塗られているわけではありません。

うむ、これ一代限りで牛模様はおしまいだったのか・・・なんでだろう・・・ひょっとしたら、お客さんにひかれてしまったのかも。^^;
「うう、これはやっちまったなあ・・・」って感じで、人気がなかったんでしょうか、ねえ。^^;

愛知県日進市 愛知牧場にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Ilford Pan F Plus 50 at EI 25
Ilford Perceptol (Stock, 9 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom
[PR]
by noblivion | 2014-03-21 06:00 | Still Life | Comments(8)
Commented by Ricky007 at 2014-03-21 07:22 x
アハハ!そうかもですね。
こやつよく見ると片目ですね。
そこがまたいいのかも知れませんが、なんかキニナル(笑)
足が埋まっているのは、固定のためかなァ~?
お役ゴメンでも展示物のひとつとして余生を送っているんですね。
風雨にされされて朽ちていく虎もいいですが、やはり、愛されている虎もいいもんです...ナンノコッチャ?
Commented by 皐月の樹 at 2014-03-21 08:46 x
ナハハハ、確かに・・・やっちまったな~感は否めませんね~^^;;;
でも、B&Wで仕上げれば、シュールで、カッチョいいんでございます~v^o^
これ、塗装するのは結構大変だったかもしれませんね~。錆をぜ~んぶ落として磨き、下地塗り、上塗りを数度、そして、黒のブチ・・・。
もしかしたら、やってみたらあまりに面倒で、もうや~めた!・・・だったり・・・^^;;;
Commented by blackfacesheep at 2014-03-21 22:11
Rickyさん、こんにちは。^^
そーそー、独眼竜の虎なんであります、ニヒルなんであります♪
ちょっと前までは、柵の中のこども動物園にいたんですが、どうやら一般の人にも見てもらうために、ここに持って来たようです♪
Commented by blackfacesheep at 2014-03-21 22:13
皐月の樹さん、こんにちは。^^
なるほど~、さすがエンジニアの考えることは凄いです~、実際の塗装工程まで、頭が回ってしまうんですね。^^
綺麗に塗ろうとすればそういう工程が必要ですよねえ・・・そんな大変な作業なのに、受けなかったら二度とやりたくないだろうな。^^;
Commented by film-gasoline at 2014-03-21 22:35
あははは・・・
この牛模様のやっちまった感は否めませんね^^;
「おれ、塗り替えてもらえないのかな〜?」と言わんばかりの表情に見えますね(笑)
このシャドウの粘りが堪らんですね〜♪
Commented by blackfacesheep at 2014-03-22 00:13
フィルガソさん、こんにちは。^^
そーそー、この困惑しきった表情、なかなか楽しいんであります。^^;
イルフォードのフィルム、シャドウはどれも粘りますね~、アクロスやT-MAXも粘ることは粘るけど、ここまでエネルギーが出ないっす。^^
Commented by gucci at 2014-03-22 14:54 x
こいつは永久保存版ですね!
良いセンスしているな~w
個人的には大好きです!
Commented by いけみ at 2014-03-23 12:06 x
ゆるキャラの、ふなっしーみたいに
やり続けることでブレイクすることもあるし。
んー、頑張ってもらいたい
ウシ模様(笑)
<< 2014年3月22日 夏には緑... 2014年3月20日 去りゆく... >>