Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2014年3月25日 アルマーニなコンポジション
b0175964_2363050.jpg

週末のショッピングストリートスナップ、Rolleiflexも持って行きましたよ♪
都会的な写真もたまには撮りたかったので、エンポリオ・アルマーニの路面店の店構えを撮ってみました。
ガラスの扉の向こうに見えるお店の様子と、外の風景の映り込みで、なかなかフォトジェニックに見えました♪

映り込みついでに、セルポ風味も意識してみました。
これ、アメリカのアマチュア写真家、Vivian Maierさんの影響です。^^;
このヴィヴィアンさん、乳母が本職で、生前はいっさい写真を発表することなく2009年に亡くなりました。
死後、彼女の残した膨大な数の写真が発見され、そのクォリティの素晴らしさに写真界ではセンセーションが起きました。
彼女が56㎜x56mmの真四角の画面に閉じ込めたBlack & Whiteの世界は、まさしく完成された小宇宙に見えました。
彼女は、お店のショーウィンドーや鏡を使ってユニークなセルフポートレートをたくさん撮っています・・・それに触発された、と言うわけです。

しかし・・・これはいかにも小さすぎる・・・わかりますか、画面中央部やや左下にRolleiflexを構えたおっさんが写っているのが。^^;
また次回、どっかでやってみようっと・・・豊田市美術館か名古屋でんきの科学館あたりかな。^^

さて、久しぶりにIlford FP4 Plus 125で撮影しました・・・このフィルム、本来はISO125ですが、自家現像なのでEI50で撮ってみました。
現像液はイルフォード純正のパーセプトールです・・・例によって"Digitaltruth"で撮影諸元を確認しました。
FP4+のEI50でパーセプトールのストック現像は9分・・・4本目の現像なので、疲労度を考慮し9分x130%=11分45秒で現像しました。

現像の上がったFP4+をさっそくスキャンしてみると・・・お~、今までのFP4+のイメージとはまるで違う滑らかさであります。
もう眠いぐらいにゆるく微粒子な階調のネガが得られたのであります♪(↓下記のリンク先、ご参照ください。)
今までお店で現像してもらっていたFP4+って、少々粒状荒れ気味のハイコントラスト系だったように思うんですが、パーセプトール恐るべし・・・

階調がこれだけ豊富なら、煮ても焼いても食える、って感じなんであります♪
ネオパン100アクロスもなだらかで素直な階調ですが、FP4+はイルフォードらしく、シャドウ側に馬力がある滑らかさなんであります。
う~む、FP4+、君はこんなに素敵なフィルムだったのか、見直したぞ~♪

名古屋市中区栄にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Ilford FP4 Plus 125 (EI50)
Ilford Perceptol (Stock, 11.75 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.3




はい、こちらが上の写真のオリジナル、スキャンしたばかりのスッピンなんであります。
FP4+をEI50で撮影し、Perceptolで現像すると、こういうユルユルのねむ~い階調のネガがあがります♪
光学処理で焼こうとするとゆるすぎると思いますが、スキャンしてデジタル仕上をするなら、このぐらいゆるいほうがありがたいんであります。^^v

b0175964_23435821.jpg


セルポ風にノーファインダーで撮ってますから、水平は出てませんし、センターも狂ってます。^^;
でもデジタル時代になって、フィルム写真のポストプロセスも楽ちんになりましたねえ・・・Lightroom、さまさまなんであります♪
傾きを直し、トリミングし、上すぼまりにパースが付いているのも直し、さらにお店の内部を覆い焼きする・・・
明瞭度をあげて、シャープネスをかけて、粒状を落とすために輝度ノイズを軽減する・・・
さらに温黒調にしたかったので、スプリットトーンで明暗別色補正で若干アンバーを入れる・・・
トーンカーブをいじって若干メリハリをつけて、いっちょあがり、なんであります♪
[PR]
by noblivion | 2014-03-25 06:00 | Snap Shooting | Comments(14)
Commented by Can at 2014-03-25 10:20 x
これぞ、B&Wの醍醐味を感じる一枚ですね!!
マンハッタンで撮っていた写真を思い出しました。
読み続けて、Vivian Meiyarと言う事で更に納得です!!
Commented by monopod at 2014-03-25 11:18
Vivian Maierさん、面白い人ですね。
今の時代なら、ブログで発表すればさぞもてはやされたことでしょう。
電子化以前はちゃんと撮るだけでも難しかった写真~素晴らしい完成と腕を持ちながら、市井のアマで終えるってもお洒落な写真人生であります。。
Commented by Ricky007 at 2014-03-25 13:12 x
いろいろと試されてますねェ~
B&Wってつくづく奥が深いですよね。
それにしてもアルマーニとかビトンとか...欧米系のブランドショップってどうしてあんな風な店構えなんでしょうね。
銀座あたりを歩いていると圧倒されます。
店構えだけで、値段がぐっとお高くなるような気がします(笑)
Commented by いけみ at 2014-03-25 13:14 x
鏡を使ったセルポはよく撮ります。
撮るだけですけど(笑)
こうして撮ると画になります、ねぇ(^_^)
Commented by gucci at 2014-03-25 14:14 x
おお!待っていました〜FP4+!
しかも今回は、生スキャン画像有り!勉強になります〜!

PanF+よりも使いやすそうです。
生スキャンだと、ネオパンみたいですね。
Commented by 皐月の樹 at 2014-03-25 21:57 x
おお~!
すっきりとしたフレーミング、気持ちが良いですね~!
都会的で、オシャレなんでございます!v^o^

Vivian Maierさん、仰るとおりあの世界観、引き込まれますよね~!
私も以前ご紹介していただいてから、大ファンとなりました!^^;
あのセルポ、町に完全に溶け込んでいながら、且つ主張しているんですよね~!凄いな~と思います!^o^/

IlfordのB&Wフィルムは、PanF+50しか使ったことがないのですが、いずれも減感気味に撮るのがいいんですかね~^^;
このFP4+も、シャドーからダークに掛けての素敵なトーンが出ております!v^o^
Commented by film-gasoline at 2014-03-25 22:25
これはまた都会的でオサレ度満点なお写真であります^^
エンポリオ・アルマーニの路面店ですか、東北にはありませんね〜(笑)
師匠のセルポも入っているんですね、とても素敵に仕上がってます♪
このFP4+もシャドウが濃密な感じでいいですね。
次はIlfordのB&Wフィルム買わないと・・・^^;
Commented by blackfacesheep at 2014-03-25 22:38
Canさん、こんにちは。^^
そーそー、Coolな都市風景はB&Wの得意な分野ですねえ♪
Vivianさん、NYとシカゴを撮ってますが、どちらも技術と言い感性と言い、素晴らしいです。^^v
Commented by blackfacesheep at 2014-03-25 22:40
monopodさん、こんにちは。^^
Vivian Maierさん、才能が物凄いだけに、乳母として生き、無名のまま亡くなったと言うあたりのギャップが印象的です。
おっしゃるように、自分の楽しみのためだけに撮るのを徹底した人ですね、ほんとお洒落な生き方です♪
Commented by blackfacesheep at 2014-03-25 22:42
Rickyさん、こんにちは。^^
あはは、FP4+はRolleiflexを使い始めたときによく使ってたフィルムです・・・古臭いテイストがよくマッチするんですよ。^^
ブランドショップって、入りにくいぐらいじゃないと、あのステイタスが保てないのかも・・・^^;;;
Commented by blackfacesheep at 2014-03-25 22:43
いけみさん、こんにちは。^^
あはは、セルポはよく撮りますか~、せっかくですからアップしましょう~。
お気に入りのニャンコを抱きながら・・・なんて良いシリーズになりそうです。^^v
Commented by blackfacesheep at 2014-03-25 22:45
gucciさん、こんにちは。^^
FP4+、自家現像で一番評価が変わったフィルムかもしれません、こんなに良いとは思いませんでした。^^
そー、PanF+はちょっと実効感度が低すぎる・・・EI50ぐらいがハッセルやローライフレックスでは使いやすいんじゃないでしょうか。^^
Commented by blackfacesheep at 2014-03-25 22:47
皐月の樹さん、こんにちは。^^
Vivian Maierさん、徹底したアマチュアリズムが素晴らしいですよね、今のカメラ女子のご先祖ですねえ♪
IlfordのB&Wフィルム、Deltaシリーズはモダンですが、Plusシリーズは古き良きフィルムの味わいがあって大好きです。^^
Commented by blackfacesheep at 2014-03-25 22:50
フィルガソさん、こんにちは。^^
B&Wフィルムって、ネイチャーフォトもそれなりに魅せますが、都会のCoolな風景に一番合うフィルムかもしれませんね。^^
Ilfordのフィルム、良いですよぉ~、以前はパターソンリールに巻きにくいと感じましたが、慣れたせいか、全然平気になりました。^^
<< 2014年3月26日 街のアイビー 2014年3月24日 家を守る神 >>