Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2014年5月10日 陽光溢れる店先にて
b0175964_10331938.jpg

この季節の日差し、強烈ですね・・・一年で一番紫外線が多いのは5月なんだとか。^^;
お店のショーウィンドーに照り返す日差しもとても明るく、どういう露出で撮ろうか、考えるのが楽しい季節です。
お店の中まで深く日が差し込んでいたので、そのトーンも描写するために、若干オーバー目に炉t出してやりました。
シャドウの階調はIlfordらしく潰れそうで潰れない・・・金属光沢はぶっ飛び気味になってますが、意外にハイライトも粘りますね。
さすがB&Wネガフィルム、こういう輝度差の激しい状況には強いんであります♪

名古屋市東区東桜1丁目 オアシス21にて
Mamiya C220 Professional
Mamiya Sekor 65mm/F3.5
Ilford FP4 Plus 125 (EI50)
Ilford Perceptol (1:2 Diluted, 15 minutes at 20 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.3
[PR]
by noblivion | 2014-05-10 06:00 | Lights & Shadows | Comments(10)
Commented by Ricky007 at 2014-05-10 09:56 x
光が印象的ですね!
ネガフィルムで諧調の広さを楽しむっていうのは、フィルムユーザの特権ですからね。
これはなかなか手放せません。
デジタルもいつかはフィルムに追いつくことになるんでしょうけど...デジタルでゆる~い、ひろ~い諧調ってのもなんだかイメージがつかないような...アハハ
Commented by 皐月の樹 at 2014-05-10 11:26 x
セルポ?!と思って、思わずお姿を探してしまいました~^^;

ショーウィンドウの露出・・・難しいですね~。
先日、C330でセルポにチャレンジしてまいりましたが、詰まっていたフィルムが・・・RVP-F^^; 曇天の夕方・・・露出悩みました~^^;;;
結果、ローキーでした^^;;;
B&Wのこのハイライトの粘り、美しいですね~!
この紫に着色された色調が、静と動の混在をイメージさせて、インパクトがございます!IlFordのフィルム、減感が吉のようですね~。シャドーのエネルギーとハイライトの伸びが美しい~!^o^/
これ、デジだと飛びまくり・・・あるいは潰れまくり・・・だろうな~^^;
かなり露出を落として、ポストプロセスでシャドーを持ち上げる・・・と、なんだかHDRみたいな画になっちゃいますしね~^^;;;
Commented by いけみ at 2014-05-10 13:23 x
マミヤさん大活躍ですね。
こうした時期は、二眼レフでの
お散歩が楽しいです(^_^)
Commented by gucci at 2014-05-10 19:25 x
金属の光沢感がきっちり粘って出ていますね〜
シャドウもきちんと出ていて、ラチュードの広さフル活用な感じです(^^)
ガラスに写り込んだ強烈な日差しも印象的です。
Commented by blackfacesheep at 2014-05-10 22:46
Rickyさん、こんにちは。^^
ポジフィルムにはポジの良さがあり、ネガフィルムにはネガの良さがある・・・フィルムは楽しいですね♪
デジタル、確かに階調の広さだけならほぼフィルムに追いついてきていると思いますが、そのテイストがちょっと違うような気がします。^^;
Commented by blackfacesheep at 2014-05-10 22:50
皐月の樹さん、こんにちは。^^
あはは、セルポ、なかなか難しいんであります、デジタルで撮って確認するほうが良いかも~♪
Ilfordのフィルム、最近は減感現像ばかりですね、Perceptolとの相性もそのほうが良いからなんであります♪
Commented by blackfacesheep at 2014-05-10 22:54
いけみさん、こんにちは。^^
Mamiya C220、レンズ交換ができるし、寄れるので重宝しております。^^
でも、少々重いんですよね・・・お散歩には軽快なRolleiflex MXのほうが向いてるかも~♪
Commented by blackfacesheep at 2014-05-10 22:56
gucciさん、こんにちは。^^
金属を金属らしく写そうと思えば、モノクロフィルムがベストですね、デジタルだとこうはいきません。^^v
デジでもアンダーに撮っておいてRAWからおこせば、かなり広いダイナミックレンジがあるんですけど、こういう分厚い感じではないなあ・・・^^;
Commented by film-gasoline at 2014-05-10 23:06
このパープル系の着色もあって、ショーウィンドーの中がエキゾチックに輝いて見えます^^
う~ん、素晴らしい! このお色(^^)v
度々Ilfordの諧調の素晴らしさを拝見して、早く私も使ってみたいのですが、買い溜めしたTMXとネオパンが・・・・^^;
Commented by noblivion at 2014-05-11 13:36
フィルガソさん、こんにちは。^^
Lightroomのスプリットトーニング、ハイライト側とシャドウ側を個別に調整できるので、いかようにも好みのトーンが作れますね♪
Ilfordのフィルムって、癖は強いですが「昔懐かしい白黒写真らしいトーン」が出るので大好きです、ちょっと高いのが難ですが。^^;;;
<< 2014年5月11日 遺伝子を... 2014年5月9日 冬と春を従... >>