Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2014年7月26日 梅雨明けの雑居ビル
b0175964_22461476.jpg

梅雨明けの容赦のない日差しが降り注ぐこの場所は・・・はい、雑居ビルを裏側から見たところです。
モルタルの一様ではない表面・・・配管や換気扇の無秩序なレイアウト・・・このアナーキーさはなかなかフォトジェニックでした。^^;

久しぶりにIlford Pan F Plus 50をEI25で使ってみました。
現像液はIlford Perceptolの1:2希釈です・・・Perceptolのストック167ccと水を333cc加えて500ccの現像液とします。
4月初旬にPerceptolのパッケージ開封して1Lの水で溶解し、6分割して167ccずつ使い、今までに5本のIlfordフィルムを現像し、今回が6本目の現像となりましたした。
4か月にわたって使いましたが、途中、特に変質することもなかったですね。

今回の現像時間も、ヤマ勘です・・・とは言うものの、一応根拠はありますよ。^^;
Massive Dev.Chartによると、Pan F+をEI25で使った場合は、Perceptol 1:2希釈なら、摂氏20度で16分となっておりました。
今回も真夏の現像なので、現像液の温度は28度・・・20度で16分なら24度で14分、28度なら12分だろう、って感じです。^^;
現像後、スキャンしてみたら、良い感じのトーンが出ておりました♪

名古屋市中区栄にて
Mamiya C220 Professional
Mamiya Sekor 65mm/F3.5
Ilford Pan F Plus 50 (EI25)
Ilford Perceptol (1:2 Diluted, 12 minutes at 28 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.5
[PR]
by noblivion | 2014-07-26 06:00 | Japanese Landscapes | Comments(6)
Commented by gucci at 2014-07-26 13:08 x
うは~混み合ってますね~
モルタルの壁に、排気口やら配管やら窓やらw
こういった風景大好きなんですよね~(^^)
構図も素晴らしいと思います(^^)
PanFのシャドウ粘りが良いですね!
Commented by 皐月の樹 at 2014-07-26 22:07 x
うほほほ~、思わず涎が出てしまいますね~^^;
おいしそう~・・・あ、違った^^; フォトジェニック~^^;;;
夏の強い日差しらしい、ハイコンな光と影が生み出す造形、美しいですね~!特にPan F+の描き出すシャドーの描写は溜まりません!

でも、エアコンの室外機がごった返している様子ですから・・・空気は悶々としていそうですね~^^;;;
なるほど、希釈現像で使っていって、6本ですか~!
毎回新液なわけですから、時間を変えなくてもどう条件なのは、いいですね~!
Commented by film-gasoline at 2014-07-26 22:19
ひょえ~! これはフォトジェ~ニック!
適度に崩れた整列がまた堪りません^^;
久しぶりのIlford Pan F Plus 50ですね。
現像液28度ですか!
道理でホットな作品が出来るわけですね^^;
Commented by blackfacesheep at 2014-07-26 23:39
gucciさん、こんにちは。^^
わはは、秩序というものが皆無なんですよね、まさしくごっちゃごちゃ。^^
Pan F+、ほんとによくシャドウが粘りますね、普通のフィルムだったら、ベタ~っと黒塗りになってしまいそうです。^^
Commented by blackfacesheep at 2014-07-26 23:41
皐月の樹さん、こんにちは。^^
錆銀な人々にとっては、よだれが出そうな情景かも~、これ、あんかけスパゲティの「そーれ」の近くで撮ったものです♪
Perceptol、ストックだと4回までしかつかえないって書いてありますが、希釈だと6回は楽勝で使えましたね。^^
Commented by blackfacesheep at 2014-07-26 23:43
フィルガソさん、こんにちは。^^
さすがに液温が30度を越えたら冷却しようと思っているんですが、越えそうで超えないですねえ。^^;
Pan F+、光まぶしい夏にISO25で使うのが快感です・・・光の乏しい冬や曇天だと、SSが稼げないのでキツイかも。^^;
<< 2014年7月27日 だまし絵... 2014年7月25日 空中線を... >>