Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2014年8月29日 日陰ゆえの存在感
b0175964_22204146.jpg

私の大好きな被写体、街中に佇む自動二輪です。
お日さまが良く当たる場所に佇み、挑戦的な輝きを返してくるクロム鍍金も大好きですが、こういう日陰の輝きも良いなあ。
輝度差が少ないがゆえに、余計にドスの効いた存在感があるように感じます♪

「なんだかんだとお説教じみたことを申して参りましたが
そういう私も日陰育ちのひねくれ者、
お天道様に背中を向けて歩く…馬鹿な人間でございます。」

これ、鶴田浩二さんの「傷だらけの人生」の歌詞なんですが、日陰には日陰の存在感がありますね。^^

名古屋市中区栄にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Kodak T-MAX Professional (EI50)
Kodak T-MAX Developer (1:9 Diluted, 11 minutes at 28 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.6
[PR]
by noblivion | 2014-08-29 05:00 | Lights & Shadows | Comments(8)
Commented by gucci at 2014-08-29 12:40 x
う〜んカッチョイイ(^^)
群馬はバイク人口少なくて、こういうバイクも余り見ないですね〜
繁華街を歩くことも無いので余計なんですが・・・

日陰者ですか〜
私も褒められた人生歩んでないな〜^^;
Commented by Ricky007 at 2014-08-29 13:20 x
アハハ!鶴田浩二バイクなのですね!
このダークなトーン...渋い存在感がありますねぇ~
夜のバイクも見てみたいなぁ~と言ってみる(笑)
なんか被写体になりそうないいバイクないかなぁ~
うらやましがってばっかの人生です...ハハ
Commented by 皐月の樹 at 2014-08-29 18:04 x
磨き上げられたクロームメッキのパーツなどは、光をほぼ全反射しますからね〜!余り光が強いと白飛び領域が増えますよね〜。曇天の方が、質感も出しやすいと思います。

このsteedも、迫力ありますね〜!
黒顔羊さんの狙われるバイクは、v型載せたアメリカンが多いですね〜!^^/
今度、シングルはいかがですか?^^;
シンプルですが、なかなかの迫力ですよ〜^^;;;
Commented by blackfacesheep at 2014-08-29 21:28
gucciさん、こんにちは。^^
群馬がバイク人口が少ない・・・これ、ちょっと意外でした~、いや、公共交通機関に恵まれてない土地柄だと思ってたんですよね。
確か世帯数あたりの自動車保有率は日本一だったんんじゃないでしょうか・・・でも、みんな四輪に行ってしまったのかも、ですね。^^;
Commented by blackfacesheep at 2014-08-29 21:30
Rickyさん、こんにちは。^^
夜のバイクですか~、う~む、俄然創作意欲が湧いてきた・・・お~し、Tri-X 400買って来て、EI1600やってみようかなあ♪
Kodak T-MAX Developer、増感現像対応しているんですよね、希釈ばかりでなく、一度ストックの増感で使ってみたいんです。^^v
Commented by blackfacesheep at 2014-08-29 21:32
皐月の樹さん、こんにちは。^^
そーなんですよ、クロム鍍金の自動二輪って、曇天の方がステキに見える被写体じゃないかな、って思うのですよ~♪
わはは、そーかも~、私の好きな自動二輪って、メカメカしくてマッチョなアメリカンタイプばっかりなんですよね~。^^;;;
Commented by film-gasoline at 2014-08-29 22:07
ぐお~~! このトーンいいですね!
ググ~っとハートに迫って来ますよ^^
そうなんです、日陰には日陰のよさがありますね。
このところ私も日陰の写真が多かったのですが、ポストプロセスの幅もあるようで、いろいろ楽しめております^^;
クロム鍍金の光沢、曇天の方が雰囲気があるのかも知れません^^;
Commented by blackfacesheep at 2014-08-31 00:21
フィルガソさん、こんにちは。^^
ちょっと重たい青にしたくて、スプリットトーニングを調合いたしました♪
Lightroomがあると、日陰や曇天の写真でも、イメージが変えられて楽しいですね。^^
<< 2014年8月30日 真夏の天守閣 2014年8月28日 熱い静寂 #6 >>