Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2014年9月27日 駅へ消える背中
b0175964_20543687.jpg

強い西日が射す遅い午後、駅の中に消えていく男性・・・オフィスに戻るところでしょうか。
一日一生懸命働いて夕方を迎えるオトコの背中って、やるせない哀愁が漂っていて共感を覚えます。
私もかつて首都圏で仕事をしていた時は、背中にいっぱい哀愁を漂わせて仕事をしていたような気がします。

ちょうど今ぐらいの季節・・・9月末の第三四半期の締切なんであります・・・暑い夏が終わって疲れがピークになる季節なんですよね。
当時は外資系の営業職だったんですが、四半期末になるとゴール必達の指示が出て、毎日ストレスが凄かったなあ・・・^^;
7年前にサラリーマンを辞めてしまったので、そういう意味のストレスはまったくなくなりましたね。
自分のペースで仕事ができる今、本当にありがたいことなんでであります♪

愛知県豊田市小坂本町1丁目16 愛知環状鉄道 新豊田駅にて
Rolleiflex Automat MXZeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Kodak T-MAX Professional (EI50)
Kodak T-MAX Developer (1:9 Diluted, 13.5 minutes at 24 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.5
[PR]
by noblivion | 2014-09-27 05:00 | Snap Shooting | Comments(4)
Commented by Ricky007 at 2014-09-27 10:39 x
アハハ!私もサラリーマンではなくなったので、こういう哀愁は背中に帯びずに済んでます(笑)
まぁ~別のストレスは沢山ありますがね(汗)
いまさら戻れないことも確かです...アハハ
現像の色味もなんだか切ないトーンでいいです!!
Commented by blackfacesheep at 2014-09-27 19:24
Rickyさん、こんにちは。^^
あはは、お互い脱サラ組ですが、Rickyさんは私よりずっとまともな経営者ですから、私みたいな怠け者と同列に語るわけには行きません。^^
サラリーマンに悲哀あり・・・また自営業者には別種の悲哀あり・・・それぞれ立場によって難しさはありますが、もはや戻れませんよね。^^;
Commented by gucci at 2014-09-27 22:14 x
ああ~おじさん哀愁が漂ってますね~
う~ん、どのような状態になってもストレスって残りますよね~
先日、お坊さんの書いた禅の教えの本読んでいたのです、確かにストレスフリーかもしれないですが、それは廃人?ってな状態にも見えました・・・
でも、駅への階段が昇っているのでOKですよ!!
これ地下鉄だと・・・って想像しちゃいました^^;
Commented by blackfacesheep at 2014-09-27 22:27
gucciさん、こんにちは。^^
なるほど、禅の教えですか・・・悟りを開く=ストレスフリー=廃人、あり得る話かも。^^;
にょほほ、確かにこれが地下鉄の入口だったら、もっとセツナイ系の空気が漂ったでしょうねえ。^^;
<< 2014年9月28日 トリトン... 2014年9月26日 ビルの谷... >>