Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2014年9月29日 棚田を愛でる曼珠沙華
b0175964_19442727.jpg

遠くの山と、そのすそ野に広がる田園を慈しむように見ているこの花は・・・
お彼岸の季節のシンボル、曼珠沙華なんであります。
この花、ヒガンバナと呼ぶより曼珠沙華(まんじゅーしゃか)と呼びたくなるのは、百恵ちゃん世代の特徴でしょうか。^^;

b0175964_19443991.jpg

さて、この曼珠沙華が見ていたのはこちら・・・愛知県新城市にある四谷の千枚田です。
先人の大変なご苦労が偲ばれる、見事な棚田なんであります。
デジタル写真ブログではすでにご紹介済みですが、こういう日本の原風景とも言うべき景色は、モノトーンの写真も良いなあ、って思います♪

一枚目はTessar 75mmの絞開放F3.5、二枚目はF11まで絞って撮っております。
さすが「鷹の目」と呼ばれたTessar、キレの良い描写なんであります・・・今年還暦のカメラとは思えない仕事ぶりなんであります♪

愛知県新城市四谷230 四谷千枚田にて
Rolleiflex Automat MXZeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Kodak T-MAX Professional (EI50)
Kodak T-MAX Developer (1:9 Diluted, 13.5 minutes at 24 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.5
[PR]
by noblivion | 2014-09-29 05:00 | Japanese Landscapes | Comments(4)
Commented by gucci at 2014-09-29 19:10 x
カラーも見事だと思いましたが、やはり中判で撮影すると、臨場感が更に増しますね〜
解像感だけなら、既にデジタルが勝と思うのですが・・・
こういう山間の写真、更に田園風景には、この彼岸花はホントに似合います(^^)
Commented by blackfacesheep at 2014-09-29 22:03
gucciさん、こんにちは。^^
モノトーンの癖に、この存在感は何なのだ・・・って言いたくなる写りをしますよね、中判白黒フィルム♪
デジタルは解像感は優れていますが、こういうブロードなトーンを持っておらず、ピーキーなんですよね・・・フィルムは柔らかいですもん。^^
Commented by monopod at 2014-09-30 04:16
これは立派な棚田ですね!
このような伝承的な原風景は、たしかにモノクロームが似合います。
Commented by blackfacesheep at 2014-09-30 10:33
monopodさん、こんにちは。^^
ここの棚田はうちからもっとも近いので、何回も撮りに来てしまいますね。
デジタルにはデジタルの良さがありますが、日本の原風景は存在感が半端なく、モノクロームの方が訴求力があるように感じます。^^
<< 2014年9月30日 交差する影 2014年9月28日 トリトン... >>