Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2014年10月20日 夏の空を幽閉した窓
b0175964_2240285.jpg

10月中旬を過ぎ、気温もどんどん下がって来ておりますが、空に浮かぶ雲はまだ夏雲がしぶとく残っておりますね。
これは、ビルの窓に夏雲とそこから顔を出したお日さまであります・・・おお、夏の空、夏の雲がここに幽閉されている・・・撮らねば。^^;

私、影ふぇちのみならず、光ふぇちでもあるんです・・・
なんせ、デジタル写真ブログにもこちらのフィルム写真ブログにも"Lights & Shadows"って言うカテゴリがあるぐらいなんであります。
こういうおいしい光を見つけてしまったらもうたまりません・・・標準露出から一段アンダーで撮ってみました。

今回使用したフィルムはIlfordの常用感度フィルム、FP4 Plus 125です。
名前の通り、ISO125がデフォルトになっておりますが、ここのところEI50で撮ってばかりいました。
でも、本来のISO125での描写も試しておこうと思って、今回はEI125で撮ってみました。

ISO125って珍しいですね・・・ISO100のKodak TMXやNeopan 100 Acrosより1/3段感度が高いんであります。
KodakにもPlus X Panって言うISO125のフィルムがありましたが、私は使ったことがありません。
ISO100のフィルムより1/3段高感度・・・この違い、体感できませんね・・・体感露出で使うときはISO100と同様に使ってるぐらいです。^^;

現像液は先日溶解したIlford ID-11のストックを2回目のおツトメで使いました。
今回の現像温度は21度でした・・・もうほとんど標準現像温度の20度に近いところまで気温が下がってきました。
Ilfordによる推奨現像時間は、20度で8.5分、24度で6.5分です・・・じゃあ、22度ならたぶん7.5分だろう・・・21度なら8分だろう・・・
2回目のおツトメなので、現像時間は10%アップしなければ・・・8分 x 110% = 8分50秒・・・と言うことで、今回は21度で9分現像しました。
うん、コントラストもほどほど、粒状も悪くないですね~♪

前回Ilford FP4 Plus 125を使ったときはEI50で、超微粒子現像薬のPerceptolで1:2希釈現像をしました。
今回のID-11のストック現像なので、もっと粒状が荒れるかと危惧したんですが、意外や意外、等倍で見てようやく違いがわかる程度です。^^;
ううむ、これからIlfordのフィルムを現像するときは、ID-11で良いかもしれません。
Perceptolに比べると安いし、現像時間も短いし、ストックで使えば、増感もしやすいですしね。^^

名古屋市東区東桜1丁目にて
Mamiya C220 Professional
Mamiya Sekor DS 105mm/F3.5
Ilford FP4 Plus 125 (EI125)
Ilford ID-11 (Stock, 9 minutes at 21 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.6
[PR]
by noblivion | 2014-10-20 05:00 | Lights & Shadows | Comments(8)
Commented by gucci at 2014-10-20 11:32 x
おお~何気にこのビルカッチョイイ~
夏雲が栄えますね(^^)
まだ夏雲残ってるんですね~それを逃さないで切る!
光影侍参上ですね!

現像液の温度も安定してきたみたいですね~
まだ1本現像していないのあったので、やらないと(汗)
ID-11、違いホント分かりませんね・・・
Commented by Ricky007 at 2014-10-20 13:03 x
おおぉ~このラーメン模様は...市役所?県庁?でしたっけ?
妙に中華な感じがすろ役所みたいな建物ありましたよね?
あれですか?
こちら関東の雲はすっかり秋でございますよ。
北関東は、空が広いので、秋は空が大きく感じます...
Commented by 皐月の樹 at 2014-10-20 19:49 x
閉じ込められておりますね~!
この閉じ込めている箱がまた、素晴らしい~!v^^
影フェチと光フェチ・・・セットみたいなものですね~^^;
表裏一体なんでございます~。

ID-11良さそうですね~!
今は、なかなか使いたい・・・と思ったときに直ぐに使えない状況でして~^^;
まだまだ、在庫がたんまりあるので、まずはそれから使ってまいります~^^;
Commented by blackfacesheep at 2014-10-20 21:54
gucciさん、こんにちは。^^
このビル、細部の造形がなかなか凝っていて素敵なんですよね~、いつか撮ってやろうと、手ぐすね引いて待ってました。^^;
ID-11、Kodakで言えばD-76に相当する成分のトラディショナルな現像薬ですが、いまだに良い仕事ぶりです♪
Commented by blackfacesheep at 2014-10-20 21:56
Rickyさん、こんにちは。^^
あはは~、これは栄のランドマークのひとつ、OASYS21の北にあるビルで、県庁や市役所ほどの歴史はないんであります。^^;
北関東、いかにも空が広そうなイメージです・・・空っ風が似合いそうな巻雲や高積雲が浮かんでそうですねえ♪
Commented by blackfacesheep at 2014-10-20 21:58
皐月の樹さん、こんにちは。^^
なはは、そーそー、影フェチと光フェチは裏と表のような関係になっておりますねえ、どっちも大好物です♪
ID-11、クラシカルな現像液ですね、D-76でも一緒なんだと思いますが、とりあえずブランドを揃えてみました・・・値段もほぼ同じだし。^^
Commented by film-gasoline at 2014-10-20 22:03
なるほど~、確かに建物の中に閉じ込められたイメージですね~^^
ポストプロセスのトーンも絶妙で、どことなく不安な雰囲気が漂っております。
そして、タイトルが秀逸もまたCOOLなんであります♪
ISO125興味深いです、サニー16での計算が楽ちんなのだ~^^;
Commented by blackfacesheep at 2014-10-21 22:48
フィルガソさん、こんにちは。^^
はい~、ちょっと不安な雰囲気の画面を狙ってみました。
ISO125は・・・基本的にISO100と一緒に扱ってますね、1/3段明るく写るんでしょうが、よくわかりません。^^;
<< 2014年10月21日 MAZ... 2014年10月19日 心に響... >>