Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2014年10月27日 神無月の光あふれるガーデンテラス
b0175964_2155918.jpg

Rolleiflex 2.8Cの二本目のロールです・・・今回はKodak T-MAX 100よりクラシックなIlford FP4 Plus 125を使ってみました。
出かけた先は、我が町内のショッピングエリアのひとつ、三好ヶ丘ガーデンテラスです。
これは珈琲屋 らんぷ」さんの外壁ですね・・・ここ、スパニッシュな雰囲気の外観なので、白黒フィルムで撮ってみたかったんです。
Xenotar 80mm/F2.8、絞り込むとキリリとした良い描写をします。
その昔、東大の小穴教授が行った実験により、日本のカメラ業界に「クセノタール・ショック」を引き起こしたという切味、いまだに健在でした。

b0175964_21552399.jpg

らんぷさんの奥にある雑貨屋さん、SundayMama カンパーニュ店さんの前にやってきました。
店頭で、絞を開けて開放F2.8で撮ってみました・・・深度の浅さが際立ってきます。
このシーン、壁までの距離は短いんですが、それでもこのぐらいのボケが生まれて立体感が出て来ますね。
Rolleiflex 2.8と言えば、Carl Zeiss Planar 80mm/F2.8が人気なんですが、Xenotar 80mm/F2.8だって良いボケをするんであります。^^

b0175964_21553525.jpg

再び絞ってみました・・・EI50で撮っておりましたので、F11で1/50ぐらいだったでしょうか。
このXenotar、80㎜なので以前から所有しているRolleiflex Automat MXのTessar 75mmに比べるとやや狭いです。
でも、135判に換算すれば41mmと44mmの違いでしかなく、基本的にどちらも広角寄りの標準レンズです。

ちなみに、ここでセールを物色に来た相方に遭遇・・・おお、絶好のポートレート・ロケーションなんであります♪
すかさず「モデルをやってくれない?」と頼みましたが、「だ~め!」と、あっさりと拒否されました。^^;
ちゃんと準備をしてからじゃないと嫌なんだそうです・・・うう、姉上に比べるときついのだ~。^^;

b0175964_21554837.jpg

再び絞開放F2.8です・・・日の当たるトルソーに合わせるなら、EI50での標準露出はF4で1/500です。
でも、室内のシャドウのディテイルも出したかったので、F2.8の1/250で撮りました・・・標準露出より2段オーバーです。

白黒ネガフィルムって凄いですね・・・2段オーバーでも、スキャンするときにギリまで拾ってやればハイライトが飛びません。^^;
ちなみに3枚目の写真でも、店内は潰れずに写っております。^^v

こういう輝度差の激しいところで撮ると、デジタルってまだまだダメなんですよね。
RAWでアンダーに落として撮って、その後Adobe Lightroomで覆い焼きをしてやっても、ここまで再現はできない気がします。
ううむ・・・それをあっさりとやってのける白黒フィルム、いまだに偉大なり♪

愛知県みよし市ひばりが丘2-1-5 ガーデンテラス SundayMama カンパーニュ店にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Ilford FP4 Plus 125 (EI50)
Ilford ID-11 (Stock, 7 minutes at 22 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.6
[PR]
by noblivion | 2014-10-27 05:00 | Lights & Shadows | Comments(8)
Commented by 皐月の樹 at 2014-10-27 11:37 x
おお~、この柔らかな光の描写、ぷらな~のようですね~!
繊細な描写と相まって、見入ってしまう美しさです!
絞っても、スゴイですね!
このキレ、線の細かさ、テッサーとは違った切れ味ですね~!
ポトレ・・・奥様からお断りされましたか~!
残念!!!^^; 皐月の樹が残念がっていた・・・とお伝えください~v^^

↓一輪車も、二輪車・・・あ、自転車と言いますね^^; 良く浮いておりますね~!まさに真四角の小宇宙なんでございます!
何気ない畑が、見事に額縁に納まっているのでございます!
このサトイモの葉っぱの立体感!臨場感!
溜まりませんね~!v^^
Commented by Ricky007 at 2014-10-27 16:36 x
クセノタール好調ですねぇ~
クセノタールって玉が少ないから...結構、値がはったのではないかと...汗
私もはじめのテッサーがだめで、買い換える時、クセノタールを狙っていたんですよねぇ~
レンズの性能というよりも、プラナーっていう王道が嫌で...へそ曲がりもんで(笑)
合宿での対面が楽しみです!!
Commented by gucci at 2014-10-27 19:22 x
クセノタールショックですか〜
当時からドイツの技術は凄かったのですね〜

現像液、ID-11でも違い分からないですね・・・
エッジとか階調とか違い感じられますか?

当時のドイツを、今の日本と考えると、日本以外に台頭してくるところもあるのですかね〜
Commented by film-gasoline at 2014-10-27 22:14
Xenotar 80mm/F2.8のボケってプラナーのようにまろやかなんですね~♪
ピンはシャープでボケがまろやか、理想的なレンズなのであります^^
SundayMama カンパーニュ店さん、いつ見ても素敵なお店で試写には最適ですね♪
仕上げもスパニッシュな雰囲気にぴったりのポストプロセスでしたね~(^^)v
Commented by blackfacesheep at 2014-10-27 23:34
皐月の樹さん、こんにちは。^^
はい~、クセノターも開けると柔らかいんですが、プラナーのような妖しさはないかも、です。^^;
そーそー、Tessarよりずっと線が細くて繊細な感じです、シュナイダーのレンズ気にいりました・・・Xenar 75mm/F3.5も欲しいかも、Rolleicord♪
Commented by blackfacesheep at 2014-10-27 23:36
Rickyさん、こんにちは。^^
時代の新しい2.8FあたりはPlanarが多いようですが、2.8CのころはXenotarの方が多くて、Planarより安いですよ♪
ただ、日本人はPlanarを珍重する人が多くて、なぜかシャープなXenotarは人気がなかったんですね・・・不思議です。^^;
Commented by blackfacesheep at 2014-10-27 23:39
gucciさん、こんにちは。^^
Xenotar、今の時代の目で見ても相当な解像力を誇るレンズらしいですね~、Rolleiflex以外ではあまり見かけないレンズですが良いレンズのようです。
ID-11、等倍で見れば粒状の荒れやエッジの鋭さははそれなりにありますが、Lightroomで消せますので無問題ですね♪
Commented by blackfacesheep at 2014-10-27 23:42
film-gasolineさん、こんにちは。^^
Xenotar 80mm/F2.8のボケ、まろやかではありますが、Planarほどの妖しさがなくて優等生っぽい感じですね。^^;
でも、柔らかさとシャープさが同居した、実に良いレンズだと思います、シュナイダーのレンズ、大いに気に入り、Xenarも欲しくなってきて困ります。^^;
<< 2014年10月28日 黄昏の... 2014年10月26日 神無月... >>