Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2014年10月30日 Something Wicked This Way Comes
b0175964_9293542.jpg

タイトルを見て「ははん」と思ったあなた・・・相当SF好き、ファンタジー好きですね。
これ、アメリカのSFダークファンタジーの大家、レイ・ブラッドベリの小説のタイトルなんであります。

密林書店での解説によれば、「ある年の万聖節前夜、ジムとウィルの十三歳の二少年は、一夜のうちに永久に子供ではなくなった。カーニバルの騒音の中で回転木馬の進行につれて、時間は現在から未来へ過去から未来へと変わり、魔女や恐竜の徘徊する悪夢のような世界が展開する。SF界の抒情詩人が世に問う絶妙なリズム。ポオの衣鉢をつぐ一大ファンタジー。」なんであります♪

10月の薄暗い夕べになると、ついつい昔読んだブラッドベリのこれを思い出してしまうんですね。
日本語訳も出ていて、「何かが道をやってくる (創元SF文庫)」 がそれなんですが、原文の"Wicked"の雰囲気が出てないんだよなあ・・・
"Something Wicked"って、「得体のしれない邪悪なもの」って感じなんですよね。^^;

そのおどろしい雰囲気を念頭に置いて、先日Rolleiflex 2.8Cの試写の際に撮ったススキの写真をポストプロセスしてみました。
この写真の下に写っている道路、そしてその先の雲・・・な~んとなく邪悪な雰囲気に見えるんじゃないでしょうか。^^
ハイライトには赤を入れ、シャドウにはブルーグリーンを入れた落ち着かない配色なんであります。
私にとってのブラッドベリの世界、こういう非日常的なトーンなんであります。^^;

愛知県みよし市にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Kodak T-MAX Professional (EI100)
Kodak T-MAX Developer (1:4, 7 minutes at 22 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.6
[PR]
by noblivion | 2014-10-30 05:00 | Art | Comments(8)
Commented by 皐月の樹 at 2014-10-30 07:33 x
おおお~!ススキ!!!
これはまだまだ初々しい、若い子達ですね~!
丁度その小説に出てくる少年のような・・・^^;
あ・・・思わずススキフェチ癖が出てしまいました^^; 私、撮るのに飽き足らず、他の方の写真にも無条件に反応してしまいます^^; FBでも、見つけたら片っ端から「いいね」ですv^^
ううう~、私その小説を読んだことございません~^^;
本を読まないことがバレバレなのだ~^^;;;
でも、今日の作品から、そのおどろおどろしさは伝わりました~!^o^/
Commented by gucci at 2014-10-30 14:04 x
レイ・ブラッドベリ、SF好きではありますが、残念ながら知りませんでした^^;
しかし、この絵の感じは、まさに何かが道をやってくるですね・・・うひ〜怖い〜
こういうダークな感じ、背筋がゾクゾクします、堪りませんw
Commented by Ricky007 at 2014-10-30 16:54 x
きたぁ~2.8炸裂ですねぇ~
2.8系のRolleiflexって、完全に開放でなくても、ボケ味に特徴がありますよねぇ~
ほんと...とろけるよう!
このとろけるような背景に、被写体が際立つんですよねぇ~
いやぁ~久々に2.8パワーを見ましたよ!って自分でやれって(笑)
Commented by film-gasoline at 2014-10-30 18:13
「得体のしれない邪悪なもの」ばっちりそんな雰囲気に仕上がっておりますね~♪
おどろ系大好きの私には堪らないポストプロセスです^^
レイ・ブラッドベリ、残念ながら私も知りませんでした^^;
Commented by blackfacesheep at 2014-10-30 22:31
皐月の樹さん、こんにちは。^^
あはは、ススキふぇちの皐月の樹さんらしいコメントですねえ、そー、まだこのススキたちは若いと思いますよ。^^v
ブラッドベリの小説、短編集が良い味わいであります・・・創元推理文庫から出ている「10月はたそがれの国」がおすすめです~♪
Commented by blackfacesheep at 2014-10-30 22:33
gucciさん、こんにちは。^^
レイ・ブラッドベリ、SFと言うよりファンタジーに近い作風で、ハードSFではないんですよね。^^
私はハインライン、フレドリック・ブラウン、レイ・ブラッドベリと言った古典的なSF作家が大好きなんであります♪
Commented by blackfacesheep at 2014-10-30 22:35
Rickyさん、こんにちは。^^
そーなんですよ、PlanarにしてもXenotarにしても、F2.8になると周辺減光を伴って、妖しい雰囲気に移りますよね。
あはは、こういうのをやらせると、シャープなXenotarもがんばってくれるんですよね~、ありがたいです♪
Commented by blackfacesheep at 2014-10-30 22:38
film-gasolineさん、こんにちは。^^
白黒写真でも、Lighroomで調色してやると、違うイメージに仕上がるのが楽しいですよね~♪
レイ・ブラッドベリ、昔、フュージョンのWeather Reportが取り上げましたねえ・・・I Sing The Body Electrictってアルバムです。^^
<< 2014年10月31日 日本の... 2014年10月29日 勤勉で... >>