Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2014年11月30日 You Must Believe In Spring
b0175964_15163297.jpg

11月の夕方、路上に落ちた色づいたナンキンハゼの一片、そしてそこに射してくる一筋の光・・・
外壁に影を落とすのは、葉を落として枝だけの丸裸になってしまった木々・・

こういう情景を見ると、Bill Evansの名演、"You Must Believe In Spring"が聴きたくなってしまうんですね。
これから寒い冬がやってくるけれど、暖かな春は必ずまたやってくるんであります♪

この曲は、Billにとって長い間一緒に演奏してきたベースのEddie Gomezとの最後の演奏だったそうです。
そのせいか、切々とした哀感が漂っております・・・
とは言っても、相変わらずビルのピアノは硬質なリリシズムに貫かれており、だら甘のEddie Higginsの演奏あたりとは大違いですけどね。^^;

Bill Evansのピアノトリオで、私が一番私が好きなベーシストはScott LaFaroでした。
Eddieのベースは、先輩のScottのそれに比べると、無駄音が多すぎて私はあまり好きではなかったんですが、この演奏だけは好きです。
ビルの気持ちを汲んだ演奏に徹しており、「なぜこれが昔からできなかったんだ?」って感じです。

この演奏が録音されたのは1977年・・・私はその前年の1976年に、生のBill Evansを聴きに行きました。
その時、この曲も演奏されていたかもしれないんですが、まるで覚えていません。
当時はなんせ、思慮の足りない浪人生でしたから、ろくに心に響かなかかったんだろうな、と思います。
今、人生もいよいよたそがれてきて、この演奏の良さがしみじみとわかるようになってきました。

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Rolleicord V
Schneider Kreuznach Xenar 75mm f/3.5
Kodak T-MAX Professional (EI 100)
Kodak D-76 (1:1, 12 minutes at 20 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2014-11-30 05:00 | Lights & Shadows | Comments(8)
Commented by CorekazMIC at 2014-11-30 06:11
エヴァンスを生で聴かれたことがあるなんて何て幸福なんでしょう。
私がピアニストの名前を知ったとき、彼はすでにこの世にはいませんでした。
仰る通りラファロが最高のベーシストであると私も思います。多くのジャズメン同様その早すぎる死は本当残念です。人類にとって不幸です。彼があと少しでも生きていたらエヴァンスと共に幾多の名盤をこの世に残していたでしょうから。
Commented by 皐月の樹 at 2014-11-30 08:35 x
ナンキンハゼの鮮やかな色合いが、光を浴びてより一層輝いている様子が目に浮かびます~♪
落ち葉の透過光って、実にフォトジェニックですよね~(^o^)
Bill Evance、Jazzを知らない私が何故かアルバム(CDですが…f(^^;)waltz for debbyを持っております…f(^^;
あのcoolなのに熱いピアノに引き込まれました~♪
晩秋~冬に掛けて、特に聴きたくなる…そんな気がしますね~f(^^;
久々に、聴いてみようと思いました~(^o^)
Commented by gucci at 2014-11-30 21:55 x
ビル・エバンス、私が知っているのは「いつか王子様が」くらいです(^^ゞ
それ以外は、ながら聞きで、曲名も覚えておりません^^;
もっと、時間があれば、ジャズについてもお話お聞きしたかったです。
路上の落ち葉、哀愁を漂わせながらも、光が次の春への道を示しているように感じました(^^)
Commented by film-gasoline at 2014-11-30 23:06
師匠らしい光と遠近感、とても渋いお写真ですね~^^
こういう大人の写真を撮れるようになりたいのですが・・・
音楽もしかり、JAZZは難しくって~って、耳を傾けませんでしたが、そろそろ聴いてみようかな・・・
と言いながらもzepの最新デジタルリマスターに痺れる日々であります^^;
Commented by blackfacesheep at 2014-12-01 11:13
CorekazMICさん、こんにちは。^^
Bill Evansの1976年名古屋公演、とても印象的でしたね~、我ながらよくぞ聴きに行ったものだと思いますよ。
ラファロだけでなく、バードもトレーンもドルフィーも・・・生きていたらどんな演奏をしていたでしょうねえ、興味がつきません♪
Commented by blackfacesheep at 2014-12-01 11:15
皐月の樹さん、こんにちは。^^
おお、Waltz for debbyを持っていらっしゃいますか~、彼のベスト演奏の一つですね~♪
Bill Evansのピアノ、確かに季語があるとすれば晩秋から早春までの「冬季限定」モノかもしれません。^^;
Commented by blackfacesheep at 2014-12-01 11:17
gucci さん、こんにちは。^^
Someday my prince will come・・・あれも名演ですね、エバンスのピアノは甘そうで甘くない、スパイシーな風味が絶妙です♪
この季節になると、JAZZが無性に聴きたくなるんですよね~。^^
Commented by blackfacesheep at 2014-12-01 11:19
フィルガソさん、こんにちは。^^
いやいや大人の写真からはほど遠いと思います、思いつきの適当写真ですから~。^^;
JAZZはたいして難しくないと思うんですが、昔、前衛JAZZが流行ったときの悪印象がずっと残っているんでしょうね。^^;
<< 2014年12月1日 クリスマ... 2014年11月29日 晩秋の... >>