Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2014年12月2日 微笑むスワン
b0175964_14495819.jpg

豊田市の鞍ケ池公園、「池」と名前がついているように、池があります。
そこは今風の公園ではなく、とっても昭和な雰囲気のスワンボートや足こぎクジラなどがおります。
懐かしい気分に浸りたいときにはお勧めの場所なんであります。

それにしても、白黒フィルムって、しっかり光が当たった白い被写体をガチに描写しますね。
デジタルだとハイライトが飛びまくってしまい、相当アンダーに撮ってシャドウを起こさないと綺麗なグラデーションになりません。
諧調描写に関しては、まだまだ白黒フィルムは素敵な表現をしてくれますねえ♪

愛知県豊田市矢並町法沢714-5 鞍ケ池公園にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Kodak T-MAX Professional (EI50)
Kodak T-MAX Developer (1:4, 7 minutes at 20 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.6
[PR]
by noblivion | 2014-12-02 05:00 | Still Life | Comments(8)
Commented by 皐月の樹 at 2014-12-02 07:00 x
ありますね~、こういうスワンボート♪
子供のころ、必死で漕いで、競争した覚えがございます^^;
まっすぐ進まなくて、苦労したように記憶しております~^^;
ん~・・・もう何年(何十年?^^;)も乗ってません~。
懐かしいです~♪
仰るとおり、こういう素敵なトーンをいとも簡単に表現してしまうのが、フィルムの楽しいところですね~!
デジタルでこれを表現・・・出来ないことは無いのかも知れませんが、相当苦労するように思います^^; 
私は、諦めて、さっさとフィルムで逝っちゃいます~v^^
Commented by blackfacesheep at 2014-12-02 14:05
皐月の樹さん、こんにちは。^^
そーそー、この手のスワンボート、直進性が劣悪でまともに進みませんよね♪
きょうびのデジタルはRAWから起こせばよい階調描写ができますが、なんかHDRっぽい雰囲気になってしまい、フィルムほど自然じゃないかも。^^;
Commented by Ricky007 at 2014-12-02 16:45 x
今日のスワンは2.8cですが、こうやってコードとかフレクサレットとか...並べてみると味付けの違いが鮮明にわかりますね。
やっぱ2.8cは際立って柔らかく...ある意味、妖しい感じですね。これはやっぱ柔らかいラインの女性を撮影するためのマシンって感じがします(笑)
モデル撮影やってみたいなぁ~♪
Commented by film-gasoline at 2014-12-02 17:02
うわぁ~! なんだか懐かしいですね~♪
最近はめっきり見なくなりました。
そうか、そういう所にはまだ生息しているんですね^^;
変に今っぽくなくて、昭和の面影を残したデザインが嬉しいですね^^
私もフィルムが多いので、デジタルで撮った時の白飛びに面食らうことがあります^^;
Commented by gucci at 2014-12-02 17:19 x
ああ〜白鳥丸ですね(^^)
可愛い顔していますね〜
この造形に柔らい描写と滑らかな階調がとても合っていると思います(^^)p
私も、白モノだけでなく、やはりフィルムの被写体ってあると思います〜
Commented by blackfacesheep at 2014-12-02 22:51
Rickyさん、こんにちは。^^
そー、2.8Cで撮るときは中途半端なF値は使いません、開放かギャリギャリに絞るか、どっちかです。^^;
特に絞開放での柔らかさはこのレンズの持味ですね~、人物を撮るときには最高の描写になります♪
Commented by blackfacesheep at 2014-12-02 22:53
フィルガソさん、こんにちは。^^
こういうスワンボートが残っている行楽地って、もう凋落しまくっているところが多いんですが、鞍ヶ池はいまだに人気の場所ですね♪
デジタルはシャドウ部分がなかなか潰れません・・・D610だと、相当に真っ黒けでもディティルが出てくるもんなあ。^^v
Commented by blackfacesheep at 2014-12-02 22:55
gucciさん、こんにちは。^^
ほぉ~、白鳥丸って言うんだ・・・ググってみて納得しました♪
そうですね、何を撮っても、デジタルとは違う大らかな表現になるのがフィルムの良さかも知れません。^^
<< 2014年12月3日 冬へと向かう影 2014年12月1日 クリスマ... >>