Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2014年12月11日 妖しく輝く初冬の雲
b0175964_11113139.jpg

先日、D610にAi Nikkor 55mm/F1.2を装着して夕景を撮った鉄塔群のある場所で見かけた雲です。
実際にはかなりオレンジ色だったんですが、モノクロームですから原色再現は到底無理・・・なので、Lightroomで記憶色再現してみました。^^v

Flexaret VIによる2本目のロールです。
Meopta Belar 3.5/80、絞り込むとシャープだし、逆光でもフレアはさほど出ません・・・意外に光学特性は良いのかも。
でも、私のRolleiflex Automat MXのZeiss-Opton Tessar 3.5/75に比べると明らかに違います。
Belarの方がトーンが豊富で柔らかです。
Rolleicord Vに付いているSchneider Kreuznach Xenar 75mm f/3.5に近い感じですね。
とは言うものの、ゲルマン的な厳格さではない・・・スラブのおおらかさが写ってしまっているような気がします♪

愛知県豊田市にて
Meopta Flexaret VI
Meopta Belar 80mm/F3.5
Kodak T-MAX Professional (EI100)
Kodak T-MAX Developer (1:4, 8.5 minutes at 20 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2014-12-11 05:00 | Lights & Shadows | Comments(6)
Commented by 皐月の樹 at 2014-12-11 06:45 x
おお~!発狂系のドラマティックな空でございます~!
この雲のトーン、素晴らしいですね~!特にハイライトの描写、生唾ものです!デジタルだと、まずもってこういう印象的なトーンが出てきません^^;
そして、この繊細な解像感!仰るとおり、テッサーとは受ける印象がまるでちがいますね~。おそらくテッサーですと、もっとハキハキ、パキパキした感じに見えると思います^^;
Belar・・・恐るべし!
チェコの技術力の高さを物語っておりますね。ドイツからソ連へ、という悲運が無ければ・・・今頃トップメーカーのひとつだったかも・・・?歴史にもしもはないのですが~^^;;;
Commented by blackfacesheep at 2014-12-11 13:47
皐月の樹さん、こんにちは。^^
にょほほほ、そー、久しぶりに発狂系の調色でやってみました、記憶色ベースのモノトーン、楽しいです♪
第二次世界大戦以前は、チェコの技術力って高かったんですよね・・・それゆえ、旧共産圏では東独と並んで最高だったんじゃないでしょうか。^^
Commented by gucci at 2014-12-11 18:15 x
おほ〜ナイスなおもいっきりの良さですね〜(^^)p
一気にドラマチックになっております(^^)
Tessarよりも解像感は落ちるけど、階調性は高いという事ですかね。それを使い分ける・・・やっぱり凄いな〜
Commented by film-gasoline at 2014-12-11 22:23
うっひゃ~! 出ましたね~!
これは発狂系と言っていいのでしょうか?^^;
カラー写真を凌ぐ記憶色なのであります♪
スンバラシイ(^^)v
Commented by blackfacesheep at 2014-12-11 23:12
gucciさん、こんにちは。^^
もうね、モノクロームのポストプロセスは、気合と思い切りなんであります、なんちて。^^;
そーそー、Tessarよりも解像感は落ちるけど、階調性は高い、まさしくそれが私の言いたかったことなんですよねえ♪
Commented by blackfacesheep at 2014-12-11 23:14
フィルガソさん、こんにちは。^^
そーですそーです、間違いなく発狂系ですが、ややおとなしめですね、スプリットトーンは同系色ですから♪
私、原色再生なんて、ま~るで興味ありません・・・自分の心に刻まれた色を再現するんであります、なんちて。^^;
<< 2014年12月12日 晩秋の... 2014年12月10日 斜線に... >>