Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2014年12月12日 晩秋の光に満ちた空気
b0175964_2074827.jpg

空気は写真には写りません。
でも、「すてきな空気が写っている」という表現は非常にしばしば耳にします。
ま、言わんとすることはわかるんですけど、物理的に考えて、写らないものは写らないでしょ、やっぱり。^^;

で・・・先日、こんな写真を撮ってしまいました。
これ、逆光気味で撮ってますので、お日様の光線がフレアっぽく写ってるんですよね。
ひょっとすると、これが「空気が写る」って奴なのかも・・・こりは空気中の埃の乱反射なんじゃないだろうか・・・う~ん、よくわかりません。^^;

名古屋市千種区にて
Rolleicord V
Schneider Kreuznach Xenar 75mm f/3.5
Kodak T-MAX Professional (EI 100)
Kodak D-76 (1:1, 12 minutes at 20 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2014-12-12 05:00 | Lights & Shadows | Comments(8)
Commented by 皐月の樹 at 2014-12-12 09:22 x
おお~、素敵なレンブラント光線!^o^
木々の枝や葉っぱの隙間を潜り抜け、ビルの影に差し込む光線、素敵ですね~。
仰るとおり、空気は写りませんね^^;
この場合も、まさに仰るとおりで、大気中に漂うちりや埃や水滴なんかに光が当たって乱反射しているのでしょうね。
私は、時に、こういう自然現象を簡単に科学的・物理的観点から説明してしまいます。そして、家族から批判の言葉を浴びてしまいます・・・^^;
お父さん、嘘つき!・・・と^^;
ん~・・・おかしいですね~^^;;;
Commented by gucci at 2014-12-12 16:31 x
うは〜見事な空気感です!!
確かに空気は映らないですが、空気中やレンズの乱反射は空気感というしか無いですよね〜
見えないものすら撮れのも写真の魅力だと思います(^^)
Commented by blackfacesheep at 2014-12-12 19:49
皐月の樹さん、こんにちは。^^
薄明光線とかレンブラント光線とかヤコブの梯子とか・・・いろんな名前があるようですね。
早い話が空気中の浮遊物の乱反射なんでしょうが、それを言ったらおしまいなわけでして・・・あはは。^^;
Commented by blackfacesheep at 2014-12-12 19:50
gucciさん、こんにちは。^^
そーそー、「空気」じゃなくて「空気感」なのかもしれませんね、それならばっちり写る気がします♪
それを科学的に「空気中の塵などの乱反射であ~る」と言ってしまうと・・・しょぼ~んな気分になるんであります。^^;
Commented by film-gasoline at 2014-12-12 22:14
う~ん、素晴らしいお写真です♪
光のシャワーというイメージです。
空気が写っているというのは、フィルムの場合に感じることが多いですね。
そういうのを追い求めてフィルムが止められないのかも知れません^^;
おりもこんな写真撮ってみたいな~♪
Commented by noblivion at 2014-12-12 23:08
フィルガソさん、こんにちは。^^
そーそー、タイトルは光のシャワーって感じのを最初は考えたんですよ。^^;
フィルムは空気が写るだけでなく、幽霊も写ります・・・デジタル時代になって、めっきり心霊写真は減りましたねえ。^^;
Commented by monopod at 2014-12-14 01:45
いえ、写ると思います。
超望遠なんか、空気との戦いですよ(^^)
冗談はおいて、黒顔羊さんの作品の空気感は素敵です。
Commented by blackfacesheep at 2014-12-14 23:41
monopodさん、こんにちは。^^
そっか~、超望遠を使うバーダーさんたちは空気と戦っておられますもんね。^^
空気は写らないと言いながらも・・・写るようにあの手この手で遊んでおります。^^;
<< 2014年12月13日 Jaz... 2014年12月11日 妖しく... >>